紺邑のホームページ

ネットショップ

  • G.i-Japan
    藍染を始める方。藍染をなさりたい方もお訪ねください。藍に関する資材とノウハウを提供します。 藍染の製品もあります。 その他にも、沢山そろえて行きます。

イベント情報

フォト

« 藍畑 | トップページ | 「暮らしまるごと展」反省会 »

2014年5月26日 (月)

本染と化学染めの、二組のお客様

「暮らしまるごと展」の最中、藍染をなさる人たちが二組いらっしゃいました。

一組は、余りに熱心に私の話をお聞きになるから、「こりゃ、染めている人たちだな」と思って、少し内容を専門的にしてみると、案の定でした。

10371678_244183529118398_7911678922
茨城県の「藍染保存会」の方々で、聞いてみるとちゃんと灰汁で建てて本染めをなさっている。

質問を沢山いただいた。

写真で私が胸に手を当てているのは、「気持ち」が大切なんだと言っているのだ思います。藍建ても藍染も、形や方法よりも、気持ちや心持が大切なんだと。

会員は随分たくさんいるらしく、6月に入ったら、皆さんで徒党を組んで乗り込んでいらっしゃることになりました。

しっかりと、本建ての藍染めをお伝えしようと思います。


もう一組は、藍染の会社に務めている若い女性たち。

「藍染を勉強に来ました」と素直に言うので、「私の話は、きっと毒ですよ」と、合成藍を使っているだろう会社の人だから申し上げた。

それでも「本当のことを知りたい」と熱心なので、ちゃんと説明させていただきました。

合成藍のこと、ハイドロサルファイトの事等々。それが如何に危険かと言うことも。

それでも、染めている人たちは、伝統を守ろうと一生懸命なのだそうです。

「伝統」を知らない悲劇がここにあるわけですが、今度はその染めている人を連れてくるという。

伝統の藍染めが存続の危機にある中、これも一つの流れだろうと思います。


伝える役割が、たぶん私にあるのではないかと思っています。

« 藍畑 | トップページ | 「暮らしまるごと展」反省会 »

藍染め」カテゴリの記事

コメント

ご無沙汰です大川さん。大川さんにはその使命があるのだと思います。人は何かによって生かされてるという・・そんな思いをすることが、最近よくあります。自分の使命は全く判りませんが、今の大川さんの活動の全てが、歌を含めてその使命になってるように思います。今の日本人に求められる事は、照千一隅此則国宝です。国家は、政治家や官僚だけでは、成り立ちません。

加藤さん、コメントありがとうございます。過分なるお言葉も、ありがとうございます。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/194328/59713176

この記事へのトラックバック一覧です: 本染と化学染めの、二組のお客様:

« 藍畑 | トップページ | 「暮らしまるごと展」反省会 »