フォト

紺邑のホームページ

  • 紺邑のホームページ
    職人の手づくりのホームページです。 紺邑について、藍染めについての情報は、こちらをご覧ください。

ネットショップ

  • G.i-Japan
    藍染を始める方。藍染をなさりたい方もお訪ねください。藍に関する資材とノウハウを提供します。 藍染の製品もあります。 その他にも、沢山そろえて行きます。

他のアカウント

« サッカー観戦 | トップページ | 「染色堅牢度」について(賢い消費者となるために) »

2014年7月10日 (木)

藍の生葉染めについて、紺邑の見解

 藍草の生葉を、ミキサーにかけたり揉んだり絞ったりして染める「生葉染め」というのがあります。紺邑の藍染には、「生葉染め」は一切ありませんし、人に教えたこともありません。
 藍草を育てている人が、気楽に楽しむには、何ら問題はありませんが、プロが染めて製品として販売するには、「生葉染め」は、染色堅牢度にあまりに問題が多すぎると私は考えています。

 生は染めは、絹やウールなど、タンパク質には染まりますが、植物性繊維には無理です。ですから、「生葉染め」として、綿や麻に染まっていたら、繊維に呉汁などのタンパク質を補っているか、還元剤を使用した化学建てです。

 以上、「生葉染め」に対する、紺邑の見解を書いておきます。

 なぜ紺邑が生葉染めをしないかについては、2007年の記事に書きましたので、リンクしておきます。

http://kon-yu.cocolog-nifty.com/blog/2007/01/post_ec97.html

« サッカー観戦 | トップページ | 「染色堅牢度」について(賢い消費者となるために) »

藍染め」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 藍の生葉染めについて、紺邑の見解:

« サッカー観戦 | トップページ | 「染色堅牢度」について(賢い消費者となるために) »