紺邑のホームページ

  • 紺邑のホームページ
    新しいホームページがオープンしました。紺邑について、藍染めについての情報です。

ネットショップ

  • G.i-Japan
    藍染を始める方。藍染をなさりたい方もお訪ねください。藍に関する資材とノウハウを提供します。 藍染の製品もあります。 その他にも、沢山そろえて行きます。

イベント情報

フォト

« 2014年8月 | トップページ | 2014年10月 »

2014年9月

2014年9月29日 (月)

藍の生葉染めの事

地元でイベントをやっておりますと、色々お聞きになる方もいらっしゃる。「この間、生葉染めをしていた方ですか?」と何度も聞かれました。

私は以前にも書きましたが、生葉染めはやりませんし、教えたこともありません。

「だって、佐野でやった方は、飛駒の方の人だって言ってたわよ」なんて言う方もいらっしゃいましたが、何はともあれ、私は生葉染めに関わりありません。

情報や口コミというのは、どうにも困ったものだ。
   

   
テレビで、福島の方々が藍草を育て、生葉染めをなさっているのを放映していたなんて話も随分聞きました。

私は「綿に染まらない藍染がありますか?」と聞く事にしていますが、大抵は「そういえば無いわね」とおっしゃる。

テレビを見た人は、「福島では綿に染めていたわよ」とおっしゃるから、「それは薬品を使っているだけのことですよ」と私。還元剤を使ったいわゆる化学建てです。


生葉をミキサーにかけて、そこにシルクかウールを入れて染めるのは、そりゃ、遊ぶには良いでしょうからお好きになされば良いこと。藍を研究している学者も、いわゆる染色家も、生葉染めがあるといっているのですから。

しかし、私はやりません。

本染めだとか本藍染めだとか正藍染だとか言ったところで、我々の仕事は、結果が全てです。 

    
言っておきますが、古にミキサーはありませんよ。

ですから、伝統とは何の関係もない染が、藍の生葉染めです。

「揉めばよい」と云うのであれば、揉んでどれほどの染が出来るのでしょうか。そして、綿や麻が染まりますか?ってんです。
   
手間を省くことをしていて、「自然を守れ、環境が大切だ、里山再生だ」などと言っては、それは「賢しら口」というものです。

 

ところで、爪を藍染で真っ青にした女性が会場に来られました。
   
私の藍畑から取っていった藍草の葉をつかい、紫色に染めた絹のストールを、わざわざ茨城から持ってきてくださった。「奥様にどうぞ」ですって。

色々考える人がいますが、これはありがたく頂戴いたしましたとさ。

アート街道66展 in 一乃館 終了

佐野市赤見温泉「一乃館」で開催されました「アート街道66展」が無事終了しました。

たくさんの方々にご来場いただき、感謝です。

20140926160331

私は色々あって忙しく、イベントに集中できませんでしたが、また来年もあることでしょから、捲土重来を期すこととします。

   

アート街道66の次回イベントは、12月の「作家たちのクリスマス小品展」。

会場は紺邑。

昨年も楽しいひと時でした。

20131214132526

ちょいと寒いけれど、薪ストーブをガンガン炊いてお待ちします。

今年は会期を一週間と、少し長くする予定です。

告知はまだ早いか(笑)

2014年9月26日 (金)

アート街道66展 in 一乃館 初日

「アート街道66」とは、佐野市県道66号線沿いに集まった工芸・クラフトの作家たちのネットワークとして始まり、佐野に住むプロの作家たちをそれに加えて発展してきたグループのことです。

最初のイベントは、2010年の暑い夏の7月、紺邑で開催されました。

それから5年、様々に活動していますが、全体イベントは今、佐野市の赤見温泉の老舗「一乃館」で行われています。

去年、紺邑は家内が参加して私は札幌だった。
今年は事情が出来て、私が参加出来るようになりました。

気の合った人たちと過ごす時間は、わたしの疲れをとってくれたようで、楽しい一日を過ごさせてもらいました。

20140926140407
紺邑はこの部屋に展示していますが、ほとんど札幌三越に送ってしまった。

20140926160331
中庭も充実。

楽しいイベントになっています。

どうぞ、お越しください。

アート街道66展 in 一乃館

9月26日(金)27日(土)28日(日)の三日間、佐野市の赤見温泉「一乃館」で、アート街道展が開催されます。

Ichinokann_dm
どうぞ、お出かけください。

2014年9月25日 (木)

予見

なんと申しましょうか、「予見」とでもいいましょうか・・・。

私は時々、「こういう事が起こるな」と思うと、直後にそういう事が起こる、ということがあります。

今日も、「この道を行けば石津さんに会うな」と思って車を走らせていたら、歩いてくる石津さんに会った。

たぶん、度々あるのでしょうが、意識しないようにしています。

でもね、考えてみたら、いやなことを思い浮かべてそれが実現してしまうようだと困りますから、なるべく良いイメージを思い描くようにしなきゃな!っと、今、思いましたとさ(朝五時前)。

2014年9月24日 (水)

札幌三越「匠の技展」初日

札幌三越10階催事場の「日本の職人『匠の技』展」が始まりました。

私は諸般の事情により行けませんが、三越のご担当や企画会社のKさん、紺邑の隣に出展している中原さんたちのご協力により、出展出来ています。中原さんには、展示までしていただいちゃった。

   
   
初日、会場から報告があって、
ご常連のKさんに沢山お買い求めいただいたといいます。

Kさんご家族すべてが、私の藍染めのファン。

お医者様のご主人は、下着からパジャマから、すべて紺邑の藍染めです。

お体を壊した時、その着心地の良さに感心なさったらしい。
      
こういう方との出会いが、私たちを支えてくださっています。

藍染、それも正藍染をしていてよかったなと思う幸せな一日でした。

 

三越のSさん、企画会社のKさん、お隣の中原さんや皆さんのおかげです。

持つべきものは友だと、つくづく思います。

2014年9月23日 (火)

手間を掛けること 省くこと

だいたい、伝統工芸は手間がかかります。
先人は、道具などを発明して、より良いものを作る努力をなさってきた。

文明は、ものをより簡単に大量に作れるように、機械化し、手間を省く努力をしてきた。

戦争も、その昔は刀剣で一対一で戦った。
より便利に人殺しができるように、鉄砲を作り、大砲を作り、爆弾を作り、ついに原爆を作っていっぺんに何十万人も簡単に殺せる兵器を作りだした。

人や物の移動も、昔は歩いた。
その内、馬車が出来て、蒸気機関が出来て、自動車が出来て、電車になって、東京大阪間を何日もかけて歩いていたのに、今や二時間半。

通信だって、昔は人間が走るか馬に乗って伝えていたのが、今やインターネットで情報は瞬時に世界を駆け巡っている。
   
それらの大元にエネルギーがあって、それが環境を破壊しているという。

さて、私は今朝も藍草を干した。

20140923090314
   
20140923090331
   
藍草の葉をカラカラに乾燥させてから、粉々にして、水を打って醗酵させます。
「すくも」を作る作業ですが、なんでそんなものを作るかといえば、そこに様々に意味がある。
藍染における文明は、原爆を作るようにこの手間を省いた。
そして、意味を失った。

私は、エネルギー問題も環境問題も、根本にこうした認識を必要とするのだと思っています。そう、藍染が教えてくれています。

伝統の意味が、そこにある。

2014年9月22日 (月)

札幌三越「匠の技展」

9月23日(火・祝)~29日(月)まで、札幌三越10階催事場で開催されます「日本の職人『匠の技』展」に出展します。

残念ながら、私はいけませんが、年に一度の出展です。

どうか、正藍染に出会ってくださいませ。

朝飯前に一汗

昨日、藍の二番狩りの残りをしました。いや、まだ残っている。

何せ、夫婦二人だけの工房ですから、仲間の手助けがないとはかどりません。

昨日は、根岸親子、山崎親子が来てくれて、子供たちが大活躍!

写真を撮る時間もありませんでした。

20140921135822
これだけでは納まっていませんが、とりあえず写真を撮ってみた。

まだ残っていますが、さて?

20140921135838
今朝も良い天気ですから、お天道様が昇るころ、天日干しをしました。

20140922080455   
朝日がまぶしいですが、事情があって窓が開けられませんので、ガラス越しに一枚。

これで一時間ほどかかりましたが、汗びっしょりだ。

   

私達は、藍草の栽培は素人ですが、専門の農家がこれで幾何かになるかと思うと、お辞めになるのもわかるような気がします。

もっと、農家が豊かにならないといけません。

2014年9月21日 (日)

あらあら

気が付くと、ずいぶんブログを書いておりません。

どうも、妙に忙しく、あっち行ったりこっち行ったり、あれやったりこれやったり、ああだこうだと暮らしております。

 
とにかく雨ばかり。

染がはかどらないから、別なことをしているうちにああなってこうなって。

そんな言い訳にもならないことがありまして、今日はこれから、藍の葉を刈ります。



それにしても寒い。

地球温暖化を叫ぶ人たちのおとなしいこと。

昨年のこの時期は藍草の花が咲いていましたから、ずいぶん気候が違いますね。

 

さて、畑に行ってまいります。

2014年9月 9日 (火)

懐かしい人

友人と何の拍子か、相田みつをさんの話になった。

相田さんは父の中学校の同級生で、私はずいぶん可愛がって頂きました。

その友人は、「相田さんは好きじゃない」という。

好き嫌いは私の干渉するところじゃありませんから、構わないことですが、なぜか、相田さんの話を続けることになっちゃった。

相田さんは「相田みつを美術館」もあって、今や公人に等しいですから余計なことは書けませんが、色々思い出話をいたしました。


相田さんに、「にんげんだもの」という本があります。

最近、叔母の遺品から出てきて読み返してみましたが、相田さん自身のことが書かれているように思います。

私のようなものがいうのも気が引けますが、「にんげんだもの」と、相田さんの声が聞こえるようです。

20140910063930

私は、「いまから ここから」という言葉が好きです。

ある銀行の支店長が、店を移ることになった。
それは、左遷に等しかったらしい。
あいさつ回りをしていて、あるお宅で、私の父が染めた相田さんの「いまから ここから」という言葉に出会った。
彼はそれを見て、ぼろぼろと涙を流し、「そうなんだよなぁ、そうだよなぁ」とおっしゃり、救われてお帰りになった。

人ひとり救うことだって難しいことだけれど、相田さんは言葉で人を救った。
 
私は、それだけでも素晴らしいと思います。

 
 
一時、私の父が、相田さんの言葉を型に起こして藍染していた時期があります。

双方まだ売れていない頃だし、友達だから暗黙の了解だった。

相田さんが世に出てからは、さすがに著作権もありますから、止めましたが、私の手元にもありません。
 
 
 
「相田さんが世に出た」などと書きましたが、それもたったの三年ほどだったように思います。

享年六十七歳。

私も近づいてまいりました。

2014年9月 6日 (土)

藍染体験教室 at 農協

佐野の農協がやっている「アグリタウン」で、女性ばかり20名ほど集めて「藍染体験教室」をしてきました。

前日、60ℓと30ℓの藍瓶を運んでおきました。これが、割合大変。

20140906110339
朝九時から12時までというハードなスケジュールを、楽しくさせていただきました。

20140906111200
ご近所の方もいらして、佐野藍の話にもなった。

さすが農協です。

  

有意義なひと時でした。

2014年9月 4日 (木)

プロとアマチュア 「クラフト」という言葉

「クラフト」という言葉について。
   
「craft」の意味は
   
1【不可算名詞】 技能,技巧; 技術,わざ; 手工業.
2【可算名詞】
a(特に手先の技術を要する)職業,仕事.
b工芸,手芸.
(研究社 英和中辞典)
   
こうありますから、我々の仕事すべてを含むわけだけれど、日本では、手づくり一般と解釈されています。
   
本来は「(特に手先の技術を要する)」ものなのですが、技術を持たなくても「クラフト」になるのです。つまり、素人の生活の中の片手間の物作りも、「クラフト」と呼ばれる。

   
本来は、プロとアマの仕事は区別されなければならないはずですが、日本の現状は、それがなされていません。その象徴が「クラフト」という言葉の使い方に現れています。
   
アート街道66のロゴに、「ART CRAFT」とあるのは、私たちはプロですよということなのです。

66_2       
   
百貨店で行われる催事も、「工芸展」または「職人展」と、「クラフト展」または「手づくり展」は、まったく違うものです。
   
これは、百貨店がしっかりと区別しているということです。

もっと言えば、伝統工芸とそうでないものとの違いもある。
   

   
なかなかに分かり難いことだけれど、私たちプロは、はっきりと区別しています。しかし、素人の人たちは、私たちとの区別が出来ない人が見受けられます。
   

例えば、私のところにきて、「私の藍染を見てみる?」などと言いながら、稚拙な藍染めを見せることが出来る人がいる。これは、実際のお話。

   
日本の工芸の、衰退の一つの表れでもあります。

2014年9月 1日 (月)

千客万来 その2

順序が逆になりましたが、土曜日、ご近所の溝越さんが、大勢のお客様をお連れになった。

鳥獣害対策の集まりだそうで、もちろん見知っている人もいらっしゃいましたが、若い方から「関塚です」とご挨拶頂いた。

佐野市の秋山で有機農法の農業をなさっている方で、お名前だけは存じ上げていましたが、初めてお目にかかった。思いのほかお若いのには驚きました。

藍を染めながら、正藍染について、醗酵についてお話をさせていただきました。

そして、農業と藍染めについても。

 

私の染め液の作り方は、農業からヒントを得たもの。

二十数年前から無農薬農法の勉強会に毎月通い、暇があれば農家を回り、その土づくりを見て今の藍建てになった。それが結果的に、日本古来のものになったということです。

その考え方は、「土を人間の体と同じだと考える」ということ。そうすると、農薬も化成肥料も、本来は堆肥も入れられなくなります。

藍の染め液も、人間の体と同じと考える。そうすると、苛性ソーダも還元剤も石灰もソーダ灰も入れられなくなる。

      

そんな話をしているところに、私にこの農法を教えた星野先生がお見えになった。

福島に安倍首相がおいでになり、おにぎりを食べたりしましたが、その農家たを指導したのが星野先生。そのお米は、食味コンクールで何年も続けて日本一になっています。

       
早速、関塚さんをご紹介。

「有機農法を指導している星野です」と自己紹介していましたが、知っている人にはわかる冗談。ここが、星野先生の難しいところ。

日本中に先生の世話になっている農家があって、みなさん成功しているのだけれど、これを無理に広めようとなさらない。

なぜなら、土や作物に対する心がなければ、結局は長続きしないことを身をもって経験しているからです。

これもまた、藍染めと同じです。
 

そこに、茨城の漁協の石原さんがお見えになった。

彼の扱う涸沼のシジミは最高だけれど、鳥獣害対策を指導なさっていた竹内さんという方が、茨城県水戸市の方。これまた話が弾んでしまいました。
   
    
星野先生がなぜ来たかというと、私の歌を聞かせたい子がいたからです。

そこで、私のミニコンサートをいたしました。
       
      
そんなこんなで、この日は大変で、もちろん、写真もなし。




« 2014年8月 | トップページ | 2014年10月 »