紺邑のホームページ

ネットショップ

  • G.i-Japan
    藍染を始める方。藍染をなさりたい方もお訪ねください。藍に関する資材とノウハウを提供します。 藍染の製品もあります。 その他にも、沢山そろえて行きます。

イベント情報

フォト

« グレンフィディックを使ったマロングラッセ | トップページ | 小田急百貨店藤沢店「紺邑正藍染展」 »

2014年10月 7日 (火)

藍の栽培 そして無農薬について

藍の葉藍草の栽培で、無農薬を謳っているところがあります。それはそれで素晴らしいと私は思いますし、我々の栽培も同じです。

しかし、問題が無いわけではありません。

無農薬で育てたところで、藍の葉に含まれる藍分が少なく、色も良くなければ、その藍の葉は良いものとは言えないからです。

ましてやそれを使って化学建てをしたのでは、無農薬の食材を、化学調味料と着色料と保存剤などをたっぷり使って料理する事よりも良くありません。

   

私が無農薬農法と関わりあって二十何年になりますが、その農法の基本は、土と人間の体を同じだと考えることです。

これは、有機農法とは異なります。

いわゆる有機農法は、決められた薬剤なら使っても構わないからで、その中には、土(人間の体)にとって必ずしも良くないものも含まれています。

この辺りはあまり知られていませんが、気をつけなくてはならないと思います。

Sanoai_aidate5                                                                       (佐野藍を甕に入れ、灰汁を入れて棒でついているところです)

私たち佐野藍は、こういうことにも気を配っていきます。

つまり、藍染めは、木灰の灰汁で建て、貝灰とふすまで管理した染液を使う、伝統工芸の正藍染だということです。

   

大切なのは結果です。職人仕事はみんなそうだ。

その意味では、無農薬栽培を標榜したところで、品質が劣ったものを作ったり、工程がそれを裏切って薬品を使う化学建てであったり維持管理だったりすれば、無農薬栽培は何の意味も持ちません。そこには、販売の戦略的効果があるだけです。

そして、化学建ての藍染を正当化することにもなりかねません。

世の中は難しいと、藍染が言っています。

« グレンフィディックを使ったマロングラッセ | トップページ | 小田急百貨店藤沢店「紺邑正藍染展」 »

藍染め」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/194328/60437569

この記事へのトラックバック一覧です: 藍の栽培 そして無農薬について:

« グレンフィディックを使ったマロングラッセ | トップページ | 小田急百貨店藤沢店「紺邑正藍染展」 »