紺邑のホームページ

ネットショップ

  • G.i-Japan
    藍染を始める方。藍染をなさりたい方もお訪ねください。藍に関する資材とノウハウを提供します。 藍染の製品もあります。 その他にも、沢山そろえて行きます。

イベント情報

フォト

« 藍建て 藍染め | トップページ | 佐野藍の藍建て つづき »

2014年11月10日 (月)

佐野藍の藍建て

橋本さんのすくもの藍建てをしていますが、肝心なのは辛抱です。つまり、ゆっくりと醗酵を待つこと。

還元剤を使い慣れた人は、辛抱が出来なくなるのです。だから、醗酵建てが出来ない。

ブドウ糖を使う人も同じです。建たなければ、ブドウ糖などの糖分を入れて無理やり建たせてしまう。それは、還元剤を使うのと同じです。

これらを覚えると、待つことが出来なくなる。

 

さて、今回も随分待ちましたが、本日、かさ上げをしました(かさ上げとは灰汁を足すことです)。

20141110095223 
先ずは、蓋を開けて様子を見てみます。

紫色の膜が張っているのがお分かりと思う。少なくとも、醗酵は順調ではあるということです。

色を見てみますと、まだ出ていません。

しかし、かさ上げはした方が、色が出やすくなると判断して、温めた灰汁を足しました。

20141110113359
灰汁を足して撹拌した、藍の様子です。

華に力はありませんが、これで良しです。なぜわかるかというと、経験です。

   

夕方、佐野藍を作っている加藤さんが、ご自分で作ったすくもを持ってきてくださいましたので、一緒に様子を見てみました。

20141110174521
さて、これをどう見るか?

試し染めした方が、加藤さんにはわかりやすいので、ティッシュペーパーを入れて染めてみました。

20141110174402
左が最初に試したもの。

右が灰汁を足し、撹拌してしばらく置いた甕で染めたもの。

如何でしょうか、しっかり色が出始めました。

これが、辛抱の成果なのです。

また寝かせれば、明日はしっかりと建っていることでしょう。

めでたしめでたしです。

« 藍建て 藍染め | トップページ | 佐野藍の藍建て つづき »

藍染め」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/194328/60630776

この記事へのトラックバック一覧です: 佐野藍の藍建て:

« 藍建て 藍染め | トップページ | 佐野藍の藍建て つづき »