紺邑のホームページ

ネットショップ

  • G.i-Japan
    藍染を始める方。藍染をなさりたい方もお訪ねください。藍に関する資材とノウハウを提供します。 藍染の製品もあります。 その他にも、沢山そろえて行きます。

イベント情報

フォト

« 2014年12月 | トップページ | 2015年2月 »

2015年1月

2015年1月24日 (土)

一瓶塚稲荷神社

一瓶塚稲荷神社にお参りしてきました。

田沼町のどまんなか。駅から直ぐです。


20150123125939
その昔、佐野荘百数十郷の総社として尊崇されたほどの神社です。

時折お参りしていたのですが、大和屋の池田さんのご尽力で、ようやくお札を頂くことが出来ました。


一瓶塚稲荷神社 御由緒

文治二年(一一八六年)佐野荘司讃岐守成俊公は、唐沢城再興の際に、富士村の稲荷大明神を今の地に遷し祀り、社領の地を寄進し、佐野荘百数十郷の総社として尊崇した。その折各地の人々は瓶に土をいれてこの地に運び塚を築いたので、塚を一瓶塚と呼び社を一瓶塚稲荷神社と称したと云う。
爾来武将庶民の信仰厚く、徳川五代将軍綱吉公は、館林尾曳城主の頃、毎月当社へ代参を遣わし崇敬特に深かったと伝えられ、延亨三年(一七四六年)には佐野荘の人々によって、見事な銅製鳥居(文部省認定重要美術品)が奉納されている。又寛政十二年(一八○○年)に、日本神祇総官領白川伯資延王より、「佐野総社一瓶塚正一位稲荷神社」の親筆の額を奉献された。
当社の境内は社殿の前面が非常に狭かったので、後方に土を盛り一瓶塚を延長して社殿を移し、境内を整備する事が、多年の宿願であった。昭和四十年境内模様替奉賛会を結成して、氏子信仰者の御奉賛により、社殿を始め一瓶塚、鳥居、社務所、神庫、その他一切の建物、工作物を移轉、改修或は新設して、境内の模様を一新し、昭和四十八年この歴史的大事業を達成した。





2015年1月21日 (水)

薪に庇

寒い寒い毎日、毎朝、ストーブに火を入れてから一日が始まります。

薪が命ですが、庇が付きました。

Img_0015  
足利の大木さんが持ってきてくださったトタンを取り付けて、一人前の薪置き場に。

大木さんに感謝です。

Img_0016

よく燃えて、暖かい。

2015年1月20日 (火)

地域産業資源活用事業の認定

題名が堅いですが、昨年の10月15日付で、紺邑の「佐野藍の復活による藍染製品の開発および販売事業計画」が、経済産業省の認定事業となりました。名前が長い!

10月30日には、栃木県庁で認定式がありました。

Photo
  
あるコンサルタントに、「(この認定を受けるのは)大川さんが考えている以上に大変なことなんですよ」といわれましたが、たしかに大変でした。
  
認定されるまで、丸々一年かかりました。

その間、県と国へのプレゼンテーションがあった。特に国へのそれは、「誰でもが上がりますよ。私は頼まれても嫌ですね」とご担当に言わしめるほどの緊張感があるようです。

他人事のようですが、私は上がることがありませんので、どうなるか自分に興味を持ちながらプレゼンしましたが、やはり、上がらずに済みました。

  

認定書を持っていますが、こんなことが書いてある。

2
  
では、認定されると、どういうことが起こるか。

経済産業省関東経済産業局のホームページの「地域産業資源活用事業計画の第24号認定について」を見ると、

 地域産業資源活用事業計画は、都道府県が地域産業資源活用事業の促進に関する基本的な構想(基本構想)において指定を行った地域産業資源(農林水産物、鉱工業品、観光資源)を活用して、中小企業等が新商品・新サービスの開発や需要の開拓を図る事業に関する計画です。
 地域産業資源活用事業計画の認定を受けた事業者については、補助金(地域資源活用新事業展開支援事業)、中小企業信用保険法の特例、政府系金融機関による低利融資や専門家によるアドバイス等総合的な支援を受けられることとなります。
   
こう書いてあります。

では、何をやろうとしているのかというと、こういうことです。

かいつまんで書きますと、佐野藍を復活させ、それによって農業の活性化(休耕地の利用と新しい農作物の育成)を図り、それを資源として新しい佐野市の産業を起こし、地域にも文化にも貢献して行くということです。

大きく出ていますが、当たり前に本気です。

特に年が明けて、コミットメント(関わり合いの深さ)がしっかりと確認できました。

どうぞ、ご協力、または温かい目で見守ってやってくださいませ。

2015年1月14日 (水)

初詣

閑馬に帰って参りまして、なんだかんだと野暮用で忙しく、一段落したところで初詣をしてきました。

先ずは氏神様の示現神社。

Img_0011
随分きれいになって、お参りしやすくなった。

こういってはなんだけれど、お参りの甲斐のある神社になりました。

    

そして、真打ちの唐澤山神社。

Img_0013  
昨年までのお札など、神恩感謝の思いを納めさせていただきました。

2015年1月 7日 (水)

新年の帰還

日本橋三越本店「匠の技展」が終わり、ようやく帰って参りました。

さすがに閑馬は寒い。

  

初詣は杉並大宮八幡宮に行きました。

子供達の七五三でお参りしたところですが、詣でる人が沢山。

20150101162416
一瞬止めようと思いましたが、我慢して並ぶとそれほどの時間も掛からずお参りできました。

 

年明けから、日本橋三越は外国人客が多く、私は随分通訳のようなことをやらされました。

紺邑もお一人、体の大きなアメリカ人が沢山買ってくださった。

ありがたいことでしたが、円安のためか、昨年とは随分様変わりしたようです。

終戦後しばらくは、日本は貧乏で外国人がみんな金持ちに見えたものですが、いつの間にやら日本人が金持ちになった。

そんな事を知らない若い人達もいて、日本が裕福なのが当たり前のように思っている。ネットを見ると、そう思えます。

  

久々に、東武電車を使って帰って参りました。
    
北千住から館林までは便利になりました。

2015年1月 1日 (木)

新年快楽

新年明けましておめでとうございます。

暴れ馬の年がようやく終わり、希望溢れる羊の年となりました。
    
皆様にとって良い年となりますよう、心よりご祈念申し上げます。
    

紺邑はいつものように、正月二日から、日本橋三越本店7階催物場の「日本の職人 匠の技展」に出展しています。

141224_carousel_04

« 2014年12月 | トップページ | 2015年2月 »