フォト

紺邑のホームページ

  • 紺邑のホームページ
    職人の手づくりのホームページです。 紺邑について、藍染めについての情報は、こちらをご覧ください。

ネットショップ

  • G.i-Japan
    藍染を始める方。藍染をなさりたい方もお訪ねください。藍に関する資材とノウハウを提供します。 藍染の製品もあります。 その他にも、沢山そろえて行きます。

他のアカウント

« 大川公一 筒井童太 二人展 | トップページ | 小田急百貨店藤沢店 »

2015年3月16日 (月)

藍染と草木染めと結城紬

 栃木県小山市は、結城紬の産地です。デザインをし、糸を紬ぎ、括り、染、機を織る。その伝統工芸士たちが住んでいるところ。
 なぜ小山市が結城紬の産地かといえば、小山と結城は兄弟みたいなところで、明治になって、たまたま行政区分が違ってしまっただけだからなのです。
 
 結城紬は、私の知る範囲ですが、これほど手間のかかる工芸品はありません(国指定重要無形文化財に指定されていますが、団体指定ですから、いわゆる人間国宝はいません)。職人として、私は心から尊敬しています。

 今回、小山市のギャラリーで行われた二人展に、結城紬の染屋さんがお出でになった。お話させていただくと、藍染もなさっているし、その染め方は灰汁建ての本染め。
 
 職人の世界は、嘘はすぐにバレます。バレても分からない振りをするくらいの優しさはあるけれど、そういう人とは深い話はしません。いや、出来ません。

 この方は、本物だと思った。私より年下だから言わせてもらえば、たいした染屋さんです。ご自分がいなくなれば、本当の藍染が結城の世界で継承できなくなるという危機感をお持ちだ。それで、私に会いに来てくださった。
 
 こう言う人が栃木県に居らしたことに、驚くと同時に安心もしました。これからお互いに情報を交換しながら、正藍の存続に寄与して行きたいと思います。
 
 数日後、今度は結城市から、織元がご夫妻で来てくださった。ギャラリーのご主人によれば、有名な方らしい。染屋さんから「いい人に出会った」と聞いて入らしたという。その染屋さんに、草木染めも頼んでいるとか。これには少々驚きました。
 
 藍染は本染めですから問題ないとしても、草木染めの場合は、染色堅牢度の問題がある。たとえ染まったとしても、着ているうちに色が消えてしまえば、そんなものが天下の結城紬としての商品になるわけがありません。現在の草木染めには、その問題があるのです。私が「染色堅牢度の問題はありませんか?」とお聞きすると、「そうなの。草木染には染色堅牢度の問題があるの」と、すぐに反応なさった。
 
 この方がある展示会に行き、草木染めがあったので、そこの方とお話をした。そして、私と同じように、「染色堅牢度の問題はありませんか?」と聞くと、その人は、「堅牢度を気にするような方は相手にしません」とおっしゃったそうな。

 現在は、そういう時代です。作り手も使い手も、みんなアマチュアになってしまった。

 そう私が言うと、「そうなんですよ」と意気投合いたしました。ということは、小山の染屋さんの草木染めは、染色堅牢度のしっかりした草木染めだということ。すばらしいと思います。こういう方との出会いは、数少ないけれどありがたい。

 私などがいうのも憚るけれど、伝統ある工芸を受け継いでいる本物は、ものづくりの心持ちが明確です。 

 今回の展示会は、素晴らしい刺激をいただくことができました。
 お誘いくださった筒井さんとギャラリーのご主人に、感謝。

« 大川公一 筒井童太 二人展 | トップページ | 小田急百貨店藤沢店 »

文化・芸術」カテゴリの記事

藍染め」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 藍染と草木染めと結城紬:

« 大川公一 筒井童太 二人展 | トップページ | 小田急百貨店藤沢店 »