紺邑のホームページ

  • 紺邑のホームページ
    新しいホームページがオープンしました。紺邑について、藍染めについての情報です。

ネットショップ

  • G.i-Japan
    藍染を始める方。藍染をなさりたい方もお訪ねください。藍に関する資材とノウハウを提供します。 藍染の製品もあります。 その他にも、沢山そろえて行きます。

イベント情報

フォト

« 青い手にした藍甕 | トップページ | 恒例日本橋三越本店「日本の職人『匠の技展』」 »

2015年6月19日 (金)

藍染体験

 紺邑では、藍染体験が出来ますが、今年に入ってから方法を変えました。体験なさる方に、ご自分で染めていただくようにしました。今までは、染め液に人の手が入ることは一切していませんでした。

 何故変えたかというと、このやり方の方が、藍染に対する認識がより深くなるし、私も楽だからです。

11012892_512010325617641_89261036_2
 先ずは、透明な水槽で染め方の練習をします。染め液の中の布の動きは見えませんから。

Img_0604_2
 藍染は、「染め」と書きますが、染料の染め方とは全く違います。もちろん、草木染めとも違いますから、ちゃんと教えないと、染め液が疲れて寿命が短くなるのです。

 写真の方は素手で染めています。もちろん手も染まりますから(直ぐに落ちます)、手袋も用意しています。

Img_0623_2

 今回は、手持ちのチュニックと、紺邑で用意したストールを染めました。

 体験をしますと、藍の染め液の感触、匂い、色の変化、染め方、洗い方などがお分かりになりますが、大切なのは、何故そうするのかという理由と意味。技法などというものは、そのためにあるのですから。

 最後に、仕上げの方法もお伝えしています。こればかりは、お家でなさるしかありません。

 今回は、良くできました。

« 青い手にした藍甕 | トップページ | 恒例日本橋三越本店「日本の職人『匠の技展』」 »

紺邑」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/194328/61771949

この記事へのトラックバック一覧です: 藍染体験:

« 青い手にした藍甕 | トップページ | 恒例日本橋三越本店「日本の職人『匠の技展』」 »