フォト

紺邑のホームページ

  • 紺邑のホームページ
    職人の手づくりのホームページです。 紺邑について、藍染めについての情報は、こちらをご覧ください。

ネットショップ

  • G.i-Japan
    藍染を始める方。藍染をなさりたい方もお訪ねください。藍に関する資材とノウハウを提供します。 藍染の製品もあります。 その他にも、沢山そろえて行きます。

他のアカウント

« お休みの一日 | トップページ | 磨墨(するすみ)伝説 »

2015年6月 3日 (水)

磨墨(するすみ)の池

 私は栃木県佐野市閑馬町に住んでいますが、「閑」は「しずか」と読み、それに長いを付けて「長閑」と書けば「のどか」と読ませるように、まさに読んで字のごとく長閑な山里です。
 何故「閑馬」と名付けられたか。それは、平家物語にある名馬「磨墨(するすみ)」に由来するのですが、それはそれとして・・・

 紺邑の少し上(かみ)に、「磨墨(するすみ)の池」というのがあります。

_1_2

 こういう看板もありますが、はて、何処にあるやらと下を見ると 

_2_2
 この水たまりが「磨墨の池」。

_3

 杉木立の上を見ると、観音様がまつられています。

_4

 こういうたたずまい。

  
 戦後、杉が植えられ、山に水が無くなり、磨墨の池もただの水たまりになってしまったのかも知れません。
 昔の景色を見てみたいものです。

« お休みの一日 | トップページ | 磨墨(するすみ)伝説 »

歴史」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 磨墨(するすみ)の池:

« お休みの一日 | トップページ | 磨墨(するすみ)伝説 »