フォト

紺邑のホームページ

  • 紺邑のホームページ
    職人の手づくりのホームページです。 紺邑について、藍染めについての情報は、こちらをご覧ください。

ネットショップ

  • G.i-Japan
    藍染を始める方。藍染をなさりたい方もお訪ねください。藍に関する資材とノウハウを提供します。 藍染の製品もあります。 その他にも、沢山そろえて行きます。

他のアカウント

« 贅沢なあわただしさと、古武道の達人 | トップページ | 雨の日と月曜日は »

2015年8月31日 (月)

日本の麻の文化

 朝、ふらりと女性がご来工。

 糸にする前の麻を、藍染なさりたいとのこと。

Img_1005
 麻を糸にするわけですが、その技術が日本にない。

 いや、お一人しかいないという。

 日本に、麻布の文化がほとんどなくなって久しいのです。

 それを復活させようとする方々が那須にいらっしゃるそうで、長野から通っているのだそうです。

  

 麻と藍は、切っても切り離せない文化。だから、藍染をしにいらした。

 それにしても、大麻取締法は天下の悪法で、日本の文化と伝統を壊しています。

 日本を占領したGHQの、日本を壊す政策はまだまだある。

 すべてを変えなくては、「日本を取り戻す!」事にはなりますまい。



 藍はGHQの政策に関係なく、ほぼ滅びた状態です。

 「そんなことはない。藍染はお土産品にだってある」というのは、それはそういう藍染。

 日本の伝統文化としての藍染は、滅びへむかう文化。

 何とかしたいというお話になりました。

« 贅沢なあわただしさと、古武道の達人 | トップページ | 雨の日と月曜日は »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 日本の麻の文化:

« 贅沢なあわただしさと、古武道の達人 | トップページ | 雨の日と月曜日は »