紺邑のホームページ

  • 紺邑のホームページ
    新しいホームページがオープンしました。紺邑について、藍染めについての情報です。

ネットショップ

  • G.i-Japan
    藍染を始める方。藍染をなさりたい方もお訪ねください。藍に関する資材とノウハウを提供します。 藍染の製品もあります。 その他にも、沢山そろえて行きます。

イベント情報

フォト

« 2015年10月 | トップページ | 2015年12月 »

2015年11月

2015年11月30日 (月)

私の藍建てと藍染は・・・

 今年も終わりますが、様々な人達が紺邑を訪れてくださっています。

 奄美大島から来た若者は、日本中の紺屋(藍染屋)を回って紺邑に来た。

 彼から紺邑の話しを聞いて、大阪から藍染の作家もいらっしゃった。 

 静岡からは、藍染を12年やっているという人。

 大阪から、藍染をしようとする若者。

 熊本からは、工房を構え、藍染もはじめている若者たち。

 東京、新潟、埼玉、千葉、宮崎、広島、長野、愛知、群馬、茨城、神奈川、もちろん栃木県内から。

 

 皆さん、藍染をなさっているか、これからなさろうとしているかという方々。

 彼らから話を聞くと、私は一般の藍染と随分違うことをやっているし言っているらしい。

 

 例えば、藍染に匂いが無いこと。
 
 染液が泡立っていないこと。
 
 色落ちが問題になっていないこと。
 
 色移りが無いこと。

 ウールを綿を染めるように染めていること。
 
 すくもと灰汁だけで藍を建てていること。
 
 撹拌は空気を入れないように優しくすること。
 
 染物は毎回洗い、干すこと。

 などなど・・・

Om2_1525_2
 


 そういえば、徳島からいらした方は、工房に入るなり不思議そうな顔をなさった。
 
 工房に匂いがないからでしょう。
 
 そして染液を見て、「これ、建っていないね」とおっしゃった。つまり、藍の色が無いと。
 
 表面が泡立っていないからでしょう。

 そういう藍染の専門家がもう一人いらっしゃいました。

20150513144556



 私の藍染は変わりませんが、世の中では極々少数派なのだと思い知らされた年でもあります。

 そして、伝える努力が始まるわけです。
 

2015年11月29日 (日)

藍染め体験のこと

i 紺邑の藍染め体験は、今年から大きく変わりました。

 それは、ご自分で藍染すると云うことです。

 私は昨年まで、染め液に人の手が入るのを拒否しておりました。

 精魂込めて建てた染め液が、痛むからです。

 

 何故変わったかと言いますと、染め液に手を入れることで感触や匂いや表情を確認していただきたいと思ったからです。

 それによって、正藍染を実感していただこうと。

 沢山の人たちが、紺邑を訪れてくださるようになりました。

Img_1411
 ご自分で育てた和綿を糸に紡ぎ、藍染めをなさっています。

Img_1417
 お子様連れで、靴下や麻糸、ワンピースなどを様々に藍染め。

 賑やかに一日をお過ごしになりました。

 毛糸も染めましたが、作品展に出品をお考えだそうです。

 以前、ご自分で紡いだ毛糸を藍染して手編みした方は、ある作品展に入賞なさったとか。

 そういう体験もお勧めします。

2015年11月28日 (土)

ウールを藍染め

 何を今更とお思いでしょうが、世の中には「ウールの藍染めは難しい」とか「ウールは藍染めできない」とかいう世評があるのです。

 事実そういうこともある。

 つまり、苛性ソーダや石灰を使った藍の染め液でウールを染めると、染まるにしても感触を損ない、穴が空いたり、糸染めをするとボロボロと切れてセーターも編めないと言うことになりかねません。

 今日は、沢山の方々が藍染めにいらっしゃいましたが、お一人、ウールの糸をお持ちになって染めて行かれました。

Img_1414
 織りをなさっているそうですが、先生に「藍染めはアルカリが強いからウールは合わない」と言われていたそうです。

 「ウールの藍染め」という私のネット上の記事をお読みになって、それを確かめるかのように毛糸をお持ちになった。

Img_1421
これ以上の紺に染まりましたが、綿を染めるようにウールを染められるのが、本染めの藍染めです。
 

2015年11月27日 (金)

正絹の藍染

 藍が建ち、ようやく遠慮なく染められるようになりました。

 二年ぶり、いや、三年ぶりと言っても良いかもしれません。

Img_1400
 染め場中が染め物だらけで、写真の画面に収まりきれません(腕が悪いだけか)。

 左奥には、絹糸がずらり。
 そして、正絹の反物。



 絹物ばかり染めていますが、一日二回染め液に入ればしめた物。

 何故かと言えば、理由は色々あります。

 だから、なかなか染め上がりません。

 みんなご注文ですが、もうしばらくお持ち下さいませ。

2015年11月26日 (木)

家業のこと 藍染のこと レースのこと

 私の祖父大川英三は、終戦後直後、栃木県繊維工業試験場長となりました。

 群馬大学を出たばかりの小此木さんという方を徳島県に派遣して、藍染について調べさせたりもしていました。

 昭和29年に、試験場で開発したトーションレースを地場産業にすべく、生まれ育った小俣町に帰り、大川特殊レースという、日本で初めてのトーションレースの会社を興しました。

 トーションレースは今、日本の80%以上が小俣町で作られていると言いますが、祖父の願い通り、地場産業として存続しています。
 
 レース業界でそれを知る名古屋の会社が、私を紹介してくださっています。

 染めている私の顔がちょいと妙ですが、まあいいでしょう。

 祖父が始めたレースが、祖父が研究させ父が再興した正藍染として、再び世に出られれば幸いだと思っています。
Img_dyeingookawa
 

2015年11月25日 (水)

スマホ用の紺邑ウェブサイト

 なんと、スマホで紺邑のホームページがみられるようになりました。

 内容も少し変わり、「見やすい」と云われ、喜んでいます。

 ご笑覧くださいませ。

教え伝えると言うこと

 私の、すくもと灰汁だけで建てる藍建て(染め液を作ること)と、その維持管理方法、そして藍染の基本を伝えなければならないと、今年に入ってから考えています。

 問題は、どうやって伝えるか。

 昔の職人仕事には、「見習う」という修行があった。

 これには、技術だけでなく、何故そうするのかという仕事の意味を深く感じて自分のものにする必要があったからだと私は思う。

 今の正藍染には、そんな時間もない。なぜなら危急存亡の秋だからです。

 教え伝えるには、こちらにもそれなりに経験が必要だと感じまして、教える練習を今しています。

Img_1327
 灰を作ることから始め、良い灰汁とそうでない灰汁が解るようになり、良い灰汁の作り方も伝えました。
 
 その灰で灰汁を取り、良い灰汁を実感し、藍建てもし、藍染もしています。

 

 写真の彼は、既に工房も持ち、藍染をしていますが、私と同じやり方のために悩みもある。

 それを解決に来ているわけですが、たぶん、相当身に付いたと思います。

 来春から教室をやろうとしている私も、どうしたらよいかが分かり掛けてきました。

 何でも経験です。

Img_1384
 藍建ての途中ですが、すばらしい状態です。

 

2015年11月23日 (月)

ホームページの「体験」ページ

 今度はギャラリーと体験ページを刷新!

 頑張っています。

Numai3

2015年11月22日 (日)

ホームページの「藍建て」ページ

 紺邑のホームページにある「藍建て」ページが、ようやく出来上がりました。

 これに、動画を入れて行こうと思っています。

 よろしければ、ご覧くださいませ。

Img_1255
http://kon-yu.com/ai_date.html

2015年11月19日 (木)

絹糸を染めながら

 絹糸を染めています。

Img_1318
 糸にも性質がありますから、それぞれ染め方が違います。

 染めていて、ふと思ったことがある。

 

 お客様が私の工房に来て、他の紺屋が染めたシャツを染め直して欲しいと私に云った。そして「いかほど?」と金額を聞く。

 妙な人だなと思った。なぜならその染は、その方の町に住む染屋のものだったからです。

 ひょっとしたら、染の金額を知りたいのかな?と思い、「染めた人に頼んだ方がいいですよ」と云うと、「あら、そうですか。ではそうします」とあっさりしたもの。

 しかし、その染屋のことを、「丁寧な仕事をしますよ」と私に云った。

 さて、丁寧とは如何に。


 これは、仕事の評価です。好きとか嫌いとかではない。色の具合でもない。

 仕事を評価するには、評価する人にそれなりの経験や力量が求められるはずだけれど、この方は、藍染に関しては全くの素人。

 それが何故、「丁寧ね仕事」などという評価ができるのか。

 こういうことが、今の日本を象徴しているように思います。素人が玄人の仕事を評価する。
 
 素人がちょいと手仕事を覚えただけで、作家になっちゃう、っという世界でもある。
 
 つまり日本の手仕事は、素人がはびこる世界になってしまっています。



 
 

2015年11月14日 (土)

藍建て 総仕上げ 貝灰

 最後の最後に、貝灰を入れます(麩を入れて攪拌しなかった頃は、順序が逆でした)。
 
 貝灰とは、貝殻を焼いて粉にしたもの。

 日本には古くからあって、例えば江戸時代の阿波の国(徳島県)には、桑名から蛤を焼いた貝灰が送られて、藍染に使われていました。
 
 漆喰の材料でもあり、日本の白壁が、西欧のそれに比べてしっとりとしているのは、貝灰を使っているからです。西欧のあの真っ白な白壁は、石灰の色。
 
 貝灰も微生物のエサです。

 時間が経てば染液から無くなってしまいますから、頃合いを見て足してあげなければなりません。
 
 貝灰を使って染液を維持管理している染液の蒅(すくも)は、いつも柔らかく、すくもに含まれている藍が程よく適度に染液に溶けてくれます。

 ですから、蒅の寿命が長くなります。

 貝殻ですから、人の肌を犯すこともありません。
 

  
 一方石灰は、水に溶けず、微生物のエサにもなりませんし、ほとんどが石膏分ですから、継ぎ足せば足すほど染液に残り、それが蒅(すくも)の藍が染液に溶けて来るのを阻害します。
 
 撹拌するときも、蒅(すくも)が堅くなって苦労をしますし、石灰は人体にとって危険でもある。

 目に入れば失明の恐れがあるし、素手で触れば皮膚を犯します。

 pH調整などといって石灰を使うことそのものに、問題があると私は考えています。

  
 
 そして最後の撹拌。

 そして、終了。

Img_1291
 撹拌について私は、「静かに、大きく、緩やかに、すくもを染め液の中に散らします」と書きましたが、藍の華が立つほど撹拌するのは染液を痛めます。

 撹拌後の染液の状態も、ご覧いただきたいと思います。

 私としては、大満足な藍建てでした。

藍建て その9 藍建て終了 そして仕上げ 麩

 11月14日の朝、最終の嵩上げを行い、藍建てそのものは終わりました。

Dsc_0015_2 
(嵩上(かさあ)げとは、灰汁を足すことですが、写真のように静かに丁寧にします。これは、酸素を入れないためです)

 
 これで藍染は出来ますが、染液の中にはすくもと灰汁だけです。
 
 このままでは微生物のエサが足りず、たぶん、一週間くらいで醗酵が止まるでしょう。
 
 ですから、エサを与えて醗酵を持続させるようにします。
 
 そのエサが、麩(ふすま)と貝灰です。
 
 麩(ふすま)とは小麦の皮のことです。

Dsc_0037_2
 ミネラル分などの栄養が豊富で繊維質も多く含むので、最近ではダイエット食品になっていると云います。終戦直後の日本人は、これを水団にして食していました。

 新鮮な麩でなくてはなりませんが、幸いこの辺りは小麦の産地ですので手に入るのです。
 
 人間にも良いですが、藍にも良い。しかし、繊維質が多いので、微生物のエサになるように良く良く煮ます。これには雑菌対策でもあります。

Dsc_0035_2
 つづく
 

2015年11月13日 (金)

藍建て その8 醗酵の確認と攪拌

 藍建ては、紫の膜が張ったところで醗酵が確認でき、その時点で色は出ています。

 つまり、嵩上げさえすれば染められるわけだけれど、これを急ぐと、突然醗酵が止まり、色が無くなる場合があるのです。

 ですから、1回1回、醗酵を確認しながらゆっくりと嵩上げしています。

 これが、小さな甕ならもう少し楽ですが、何せ大きな甕ですので余計慎重なわけです。
 
 攪拌も同じように慎重にします。

 静かに、大きく、緩やかに、すくもを染め液の中に散らします。
 
 紹介してきた写真で、染め液の表面の泡の量が段々少なくなっているのにお気づきでしょうか。

 これは、攪拌したときの染め液の流れが大きく緩やかになって、泡が立たなくなってきたからです。

 つまりは、藍の華が少なくなっているわけです。

Img_1270
 
 醗酵を確認するのは、藍の華ではなく、液体の表面に現れる小さな小さな泡。

 写真にありますが、見えますでしょうか。

 これがあれば、安心。たぶん、良い明日が迎えられるでしょう。

 それは、建った後も同じです。

2015年11月12日 (木)

藍建て その7 灰の使い方

 藍建ては、今日(11月12日)も順調です。

 夜の八時に嵩上げは終了。

 何故遅い時間になったかと云うと、灰汁を取る灰が足りなくなり、灰作りをしていたからです。
 
 木灰で灰汁を取り、灰汁で藍建てをし、調整も維持も管理も灰汁でします。
 
 写真は、灰汁です。

Img_1225 
 ホースが入っているペールは、一番灰汁を取ろうとしているところ。他の二つは、二番と四番灰汁です。

 つまり灰汁は、同じ灰から何度も取る。それによって、使う場面が違ってくるわけです。
 
 灰汁を取りきった灰は、釉薬に使う。それが、灰の日本古来からの使い方です。
 
 ところが、灰を直接液に入れる藍建てを教えている人がいるという。私が変だと云うと、試した人は「でも、建ちますよ」と云った。
 
 そうかも知れないけれど、せっかくの灰が、たった1回使うだけで終わり、染め液の調整にも維持管理にも、何の役にも立ちません。釉薬に使われることもない。ましてや、灰が染め液の中のすくもや染め物に影響を与えないとは云えません。
 
 信頼する染め師に話したら、「鰹節で出しを取って、鰹節も一緒に料理に入れているようなものだな」と云っていたけれど、その通りだけれど、出しを取らずに鰹節を直接料理に入れているわけで、もう少し酷い話しです。
 
 染に使う灰は、灰汁をとって使います。それが、当たり前。

Img_1269
 今日の様子。極めて良好です。

2015年11月11日 (水)

藍建て その6 嵩上げと灰のお話し

 写真は今朝(11月11日)の藍建ての状況ですが、極めて良好です。

Img_1263
 さて、何の木を燃やした灰を使うかというと、硬木、いわゆる雑木(ぞうき)を燃やしたものを使います。例えば、椚、楢、小楢、樫、栗、桜、栃などなど。杉、檜、松の針葉樹や藁の灰は使えません。
 
 植物を煮だして染色をする染め、つまり、今で云う「草木染め」の場合は、色を出すために灰の灰汁を使います。今で云う「媒染剤」としてですが、この場合は、木の種類によって色が変わりますから、灰がまぜこぜではいけません。例えば、楢なら楢灰100%でなければならない。
  
 藍染の場合は、色を出すために灰を使うわけではなく、醗酵させて藍(インディゴ)を可溶性に変えるために使うわけですから、色々な灰が混じっていても構いません。
  
 私が使っている灰は、工房の庭にあった栗、地域に多く生えている小楢、樫、山桜、椚などなど、様々な木を燃やした灰が混じっています。
 
 紺屋(藍染屋)が使う灰を「紺灰(こんばい)」と室町時代から呼んでいて、植物染めの灰と区別をしています。そして、灰を扱う「灰屋」という職業があったほど、日本は灰の文化の国でした。
 
 竈の灰もお金になったわけですが、それを知ると、「竈の下の灰まで」という言葉の意味が分かると私は思います。

2015年11月10日 (火)

藍建て その5 嵩上げ そして様々な藍建てについて

 藍染の染め液を作ることを「藍建て」といい、灰汁で建てることを「本建て」と云います。

 その中でも、灰汁だけで建てるのが「地獄建て」で、世評では「一番難しい」と云われています。今回の藍建ては、その「地獄建て」です。

 
 その他にどんな建て方があるかというと・・・
 
<醗酵建て>
 苛性ソーダと石灰とふすまや日本酒を使って醗酵させる建て方。ソーダ灰を使うかも知れません。
 
<化学建て>
 苛性ソーダと還元剤を使った建て方。これもソーダ灰を使うかも知れません。

<天然灰汁醗酵建て>
 灰汁と石灰と日本酒とふすまを使った建て方。
 これは、染師の一部の人たちが言い出した言葉で、昔からあるものではありません。なにせ、私は知りませんでしたから。

<割り建て>
 醗酵建てにしろ天然灰汁醗酵建てにしろ、合成藍を割って染液を作る建て方です。
 
 その他に、「澄まし建て」や「濁り建て」などなどですが、これらについてはまたいつか書くことにします。

  

 醗酵と簡単に書きましたが、醗酵はするとは限らず、それで藍建てに四苦八苦して薬品に頼るようです。
 
 しかし、醗酵建てにも奥の手があって、それがブドウ糖。天然だ灰汁を使っていると云ったところで、苦労はありません。醗酵しなくとも、ブドウ糖(グルコース)による還元作用で藍建てが出来てしまうからです。
  
 そんな基礎知識を持ちながら、ご覧になることをお勧めします。
 

  
 本建て(地獄建て)でいう嵩上げとは、灰汁を足すことです。それも、どれくらいの量がよいか、灰汁の強さはどうかという問題があります。

 昨日、強めの灰汁を足すつもりだけれど、弱めのものにするかも知れないと書いたのは、状態によるからです。
 
 どうしたかというと、1番灰汁を少しと2番灰汁でかさあげをしました。理由は、その方がよいと思ったからです(笑)
 
 結果は写真のように、極めて良好です。

Img_1233

2015年11月 9日 (月)

藍建て その4 醗酵の状態

 今朝(11月9日)の藍の様子。

 甕の蓋を開けてみました。
 
 泡は攪拌した結果。大切なのは、膜と匂い。

Img_1230
 
 大変満足な状態です。
 
 昨日の作業は、お昼頃までに三番灰汁と四番灰汁を足してやさしく攪拌しました。
 
 本日は、まるまる24時間寝かせた状態で、強めの灰汁を足します。
 
 まだ予定です。私の考えが変われば、五番灰汁と六番灰汁の弱めの灰汁にするかも知れません。
 
 それは、これからの状況を見ます。

2015年11月 8日 (日)

藍建て その3 醗酵の始まり

 昨日(11月7日)、建てている藍は軽く攪拌しただけで一日寝かせました。

 本心は、嵩上げ(灰汁を足すこと)をしたかった。嵩上げをすれば、ひょっとすると出来上がりが早いかも知れませんから。それを我慢して、寝かせることにしたわけです。
 
 この我慢が毎度のことで、あわてると失敗します。
 
 さて、今朝方、ドキドキしながら甕の蓋を開けましたら、醗酵が始まっていました。万歳!です。

Img_1220
 
 どうして解るかというと、表面の紫掛かった幕が張っている事と、匂い。醗酵の始まりは、ツンと刺すような匂いがして、目も痛くなるほどです。
 
 後は、あわてず騒がず、ゆっくりと嵩上げ(灰汁を足すこと)をします。これもまた、あわてると醗酵が止まってしまうときがあるのです。

2015年11月 6日 (金)

藍建て その2 練り

 藍建てで一番肝心なのは「練り」です。

 これをするかしないかで、藍が建つかどうか、また、藍の将来が決まると言っても過言ではありません。
 
 甕に身体を入れ、足で練ることを「踏み練り」と言います。

 私の大きな甕も、一石五斗の焼き物の伝統的な甕でも「踏み練り」をします。

Img_1200
   
 身体が入らないような小さな甕の場合は、工夫しなければなりませんが、練りが肝要なことには違いはありません。

 別の容器にすくもを入れて足で練るか、道具を使う。手で練るのは、手を痛めます。
 
 練っているのは息子ですが、自分なりに工夫をしています。

Img_1205 
 練った後、温めた灰汁を足し、藍棒で突いた後の状態。

 素晴らしいと思います。

2015年11月 5日 (木)

て藍建て その1

 藍を建てました。そのドキュメントです。


 藍建て、その始まり。11月5日
 「藍建て」とは、水に溶けない藍を溶けるようにして染め液を作ることを言います。

 その初めは、藍草の葉を乾燥させ、粉々にして水を打ち、100日ほど掛けて堆肥状に醗酵させた藍染の原料「すくも」を藍甕に入れ、その上に灰汁をヒタヒタになるまで入れ、藍棒で突くことから始まります。

 棒で突くときに大切なのは、「灰汁をすくもに食わせてやるのだ」という気持ちです。

Img_1197  
 このとき使った灰汁は、先日と昨日の二度煎り直しをしたもの。130㍑のペールに13㎏強の灰を使いました。
  
Img_1190  
 指を入れて灰汁の状態(ぬるみ)を見ると、ものすごい。私としては大満足。

2015年11月 3日 (火)

片付け、大掃除、TV取材

 訳あって、ただ今藍染が出来ません。

 そこで、大掃除。

Img_1164
 床もピカピカ。

 この後、藍甕の上もきれいに。

Img_1165
 掃除したのは、和紙の藍染についてTVの取材もあったからです。

Washi4
 飛駒和紙を藍染にして、ドアをこのようにしました。もう、5年ほど前のこと。

 色あせもなく、丈夫で美しさもそのままです。

 藍染の堅牢度は、和紙でも高い。その証拠のようなものです。
 

2015年11月 1日 (日)

薪ストーブに点火

 寒くなりました。

 遂に、ストーブに点火しましたが、昨年も11月1日だったような気がします。

Img_1163
 今年は薪の用意が心許ない状態です。

 どうするか、行動しかありませんが、いろいろ忙しすぎて、身体が動かないというきらいがあるな。っと、呟いてみる。

« 2015年10月 | トップページ | 2015年12月 »