紺邑のホームページ

ネットショップ

  • G.i-Japan
    藍染を始める方。藍染をなさりたい方もお訪ねください。藍に関する資材とノウハウを提供します。 藍染の製品もあります。 その他にも、沢山そろえて行きます。

イベント情報

フォト

« 藍建て その4 醗酵の状態 | トップページ | 藍建て その6 嵩上げと灰のお話し »

2015年11月10日 (火)

藍建て その5 嵩上げ そして様々な藍建てについて

 藍染の染め液を作ることを「藍建て」といい、灰汁で建てることを「本建て」と云います。

 その中でも、灰汁だけで建てるのが「地獄建て」で、世評では「一番難しい」と云われています。今回の藍建ては、その「地獄建て」です。

 
 その他にどんな建て方があるかというと・・・
 
<醗酵建て>
 苛性ソーダと石灰とふすまや日本酒を使って醗酵させる建て方。ソーダ灰を使うかも知れません。
 
<化学建て>
 苛性ソーダと還元剤を使った建て方。これもソーダ灰を使うかも知れません。

<天然灰汁醗酵建て>
 灰汁と石灰と日本酒とふすまを使った建て方。
 これは、染師の一部の人たちが言い出した言葉で、昔からあるものではありません。なにせ、私は知りませんでしたから。

<割り建て>
 醗酵建てにしろ天然灰汁醗酵建てにしろ、合成藍を割って染液を作る建て方です。
 
 その他に、「澄まし建て」や「濁り建て」などなどですが、これらについてはまたいつか書くことにします。

  

 醗酵と簡単に書きましたが、醗酵はするとは限らず、それで藍建てに四苦八苦して薬品に頼るようです。
 
 しかし、醗酵建てにも奥の手があって、それがブドウ糖。天然だ灰汁を使っていると云ったところで、苦労はありません。醗酵しなくとも、ブドウ糖(グルコース)による還元作用で藍建てが出来てしまうからです。
  
 そんな基礎知識を持ちながら、ご覧になることをお勧めします。
 

  
 本建て(地獄建て)でいう嵩上げとは、灰汁を足すことです。それも、どれくらいの量がよいか、灰汁の強さはどうかという問題があります。

 昨日、強めの灰汁を足すつもりだけれど、弱めのものにするかも知れないと書いたのは、状態によるからです。
 
 どうしたかというと、1番灰汁を少しと2番灰汁でかさあげをしました。理由は、その方がよいと思ったからです(笑)
 
 結果は写真のように、極めて良好です。

Img_1233

« 藍建て その4 醗酵の状態 | トップページ | 藍建て その6 嵩上げと灰のお話し »

藍染め」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/194328/62693668

この記事へのトラックバック一覧です: 藍建て その5 嵩上げ そして様々な藍建てについて:

« 藍建て その4 醗酵の状態 | トップページ | 藍建て その6 嵩上げと灰のお話し »