紺邑のホームページ

  • 紺邑のホームページ
    新しいホームページがオープンしました。紺邑について、藍染めについての情報です。

ネットショップ

  • G.i-Japan
    藍染を始める方。藍染をなさりたい方もお訪ねください。藍に関する資材とノウハウを提供します。 藍染の製品もあります。 その他にも、沢山そろえて行きます。

イベント情報

フォト

« 片付け、大掃除、TV取材 | トップページ | ホームページの「藍建て」ページ »

2015年11月19日 (木)

絹糸を染めながら

 絹糸を染めています。

Img_1318
 糸にも性質がありますから、それぞれ染め方が違います。

 染めていて、ふと思ったことがある。

 

 お客様が私の工房に来て、他の紺屋が染めたシャツを染め直して欲しいと私に云った。そして「いかほど?」と金額を聞く。

 妙な人だなと思った。なぜならその染は、その方の町に住む染屋のものだったからです。

 ひょっとしたら、染の金額を知りたいのかな?と思い、「染めた人に頼んだ方がいいですよ」と云うと、「あら、そうですか。ではそうします」とあっさりしたもの。

 しかし、その染屋のことを、「丁寧な仕事をしますよ」と私に云った。

 さて、丁寧とは如何に。


 これは、仕事の評価です。好きとか嫌いとかではない。色の具合でもない。

 仕事を評価するには、評価する人にそれなりの経験や力量が求められるはずだけれど、この方は、藍染に関しては全くの素人。

 それが何故、「丁寧ね仕事」などという評価ができるのか。

 こういうことが、今の日本を象徴しているように思います。素人が玄人の仕事を評価する。
 
 素人がちょいと手仕事を覚えただけで、作家になっちゃう、っという世界でもある。
 
 つまり日本の手仕事は、素人がはびこる世界になってしまっています。



 
 

« 片付け、大掃除、TV取材 | トップページ | ホームページの「藍建て」ページ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

全く同感ですね。溢れている情報が、知らないうちにその道の識者になったように勘違いをして、それに気付かない人が多いように思います。本物の何かを、より多くの人に知って欲しいですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/194328/62710315

この記事へのトラックバック一覧です: 絹糸を染めながら:

« 片付け、大掃除、TV取材 | トップページ | ホームページの「藍建て」ページ »