紺邑のホームページ

  • 紺邑のホームページ
    新しいホームページがオープンしました。紺邑について、藍染めについての情報です。

ネットショップ

  • G.i-Japan
    藍染を始める方。藍染をなさりたい方もお訪ねください。藍に関する資材とノウハウを提供します。 藍染の製品もあります。 その他にも、沢山そろえて行きます。

イベント情報

フォト

« 藍建て その7 灰の使い方 | トップページ | 藍建て その9 藍建て終了 そして仕上げ 麩 »

2015年11月13日 (金)

藍建て その8 醗酵の確認と攪拌

 藍建ては、紫の膜が張ったところで醗酵が確認でき、その時点で色は出ています。

 つまり、嵩上げさえすれば染められるわけだけれど、これを急ぐと、突然醗酵が止まり、色が無くなる場合があるのです。

 ですから、1回1回、醗酵を確認しながらゆっくりと嵩上げしています。

 これが、小さな甕ならもう少し楽ですが、何せ大きな甕ですので余計慎重なわけです。
 
 攪拌も同じように慎重にします。

 静かに、大きく、緩やかに、すくもを染め液の中に散らします。
 
 紹介してきた写真で、染め液の表面の泡の量が段々少なくなっているのにお気づきでしょうか。

 これは、攪拌したときの染め液の流れが大きく緩やかになって、泡が立たなくなってきたからです。

 つまりは、藍の華が少なくなっているわけです。

Img_1270
 
 醗酵を確認するのは、藍の華ではなく、液体の表面に現れる小さな小さな泡。

 写真にありますが、見えますでしょうか。

 これがあれば、安心。たぶん、良い明日が迎えられるでしょう。

 それは、建った後も同じです。

« 藍建て その7 灰の使い方 | トップページ | 藍建て その9 藍建て終了 そして仕上げ 麩 »

藍染め」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/194328/62693771

この記事へのトラックバック一覧です: 藍建て その8 醗酵の確認と攪拌:

« 藍建て その7 灰の使い方 | トップページ | 藍建て その9 藍建て終了 そして仕上げ 麩 »