紺邑のホームページ

ネットショップ

  • G.i-Japan
    藍染を始める方。藍染をなさりたい方もお訪ねください。藍に関する資材とノウハウを提供します。 藍染の製品もあります。 その他にも、沢山そろえて行きます。

イベント情報

フォト

« て藍建て その1 | トップページ | 藍建て その3 醗酵の始まり »

2015年11月 6日 (金)

藍建て その2 練り

 藍建てで一番肝心なのは「練り」です。

 これをするかしないかで、藍が建つかどうか、また、藍の将来が決まると言っても過言ではありません。
 
 甕に身体を入れ、足で練ることを「踏み練り」と言います。

 私の大きな甕も、一石五斗の焼き物の伝統的な甕でも「踏み練り」をします。

Img_1200
   
 身体が入らないような小さな甕の場合は、工夫しなければなりませんが、練りが肝要なことには違いはありません。

 別の容器にすくもを入れて足で練るか、道具を使う。手で練るのは、手を痛めます。
 
 練っているのは息子ですが、自分なりに工夫をしています。

Img_1205 
 練った後、温めた灰汁を足し、藍棒で突いた後の状態。

 素晴らしいと思います。

« て藍建て その1 | トップページ | 藍建て その3 醗酵の始まり »

藍染め」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/194328/62693531

この記事へのトラックバック一覧です: 藍建て その2 練り:

« て藍建て その1 | トップページ | 藍建て その3 醗酵の始まり »