紺邑のホームページ

ネットショップ

  • G.i-Japan
    藍染を始める方。藍染をなさりたい方もお訪ねください。藍に関する資材とノウハウを提供します。 藍染の製品もあります。 その他にも、沢山そろえて行きます。

イベント情報

フォト

« 藍建て その8 醗酵の確認と攪拌 | トップページ | 藍建て 総仕上げ 貝灰 »

2015年11月14日 (土)

藍建て その9 藍建て終了 そして仕上げ 麩

 11月14日の朝、最終の嵩上げを行い、藍建てそのものは終わりました。

Dsc_0015_2 
(嵩上(かさあ)げとは、灰汁を足すことですが、写真のように静かに丁寧にします。これは、酸素を入れないためです)

 
 これで藍染は出来ますが、染液の中にはすくもと灰汁だけです。
 
 このままでは微生物のエサが足りず、たぶん、一週間くらいで醗酵が止まるでしょう。
 
 ですから、エサを与えて醗酵を持続させるようにします。
 
 そのエサが、麩(ふすま)と貝灰です。
 
 麩(ふすま)とは小麦の皮のことです。

Dsc_0037_2
 ミネラル分などの栄養が豊富で繊維質も多く含むので、最近ではダイエット食品になっていると云います。終戦直後の日本人は、これを水団にして食していました。

 新鮮な麩でなくてはなりませんが、幸いこの辺りは小麦の産地ですので手に入るのです。
 
 人間にも良いですが、藍にも良い。しかし、繊維質が多いので、微生物のエサになるように良く良く煮ます。これには雑菌対策でもあります。

Dsc_0035_2
 つづく
 

« 藍建て その8 醗酵の確認と攪拌 | トップページ | 藍建て 総仕上げ 貝灰 »

藍染め」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/194328/62693887

この記事へのトラックバック一覧です: 藍建て その9 藍建て終了 そして仕上げ 麩:

« 藍建て その8 醗酵の確認と攪拌 | トップページ | 藍建て 総仕上げ 貝灰 »