紺邑のホームページ

  • 紺邑のホームページ
    新しいホームページがオープンしました。紺邑について、藍染めについての情報です。

ネットショップ

  • G.i-Japan
    藍染を始める方。藍染をなさりたい方もお訪ねください。藍に関する資材とノウハウを提供します。 藍染の製品もあります。 その他にも、沢山そろえて行きます。

イベント情報

フォト

« 2015年11月 | トップページ | 2016年1月 »

2015年12月

2015年12月30日 (水)

綿コート

 暮れの日本橋三越は、いつものように淡々と展開中です。

Img_1484
 暖かい冬から春にかけて、おしゃれな綿コートは如何?

 少し厚地の千鳥格子柄。

 惜しむらくは、一点しかありません。

2015年12月27日 (日)

ほうきのお話し

 世の中には、「化学物質アレルギー」の方がいらっしゃるそうです。

 岩手の箒屋「高倉工芸」は、そういう方々のための箒を作ることにしました。

 そして私に相談があって出来上がったのが、写真の箒です。

Img_1480
 全くの無農薬で育てた箒草に、私の藍染。

 

Img_1478
 このパッケージも良かったようで・・・

Img_1481
 岩手県知事賞を頂いたそうな。

 搬入の日に高倉さんが、「私も驚いています」と言いながらプレゼントしてくださいました。

 

 高倉工芸は、テレビで取り上げられたようで、今回の日本橋三越ではお客様が並んでいます。

 凄いな。

2015年12月26日 (土)

日本橋三越 初日

 日本橋三越本店「日本の職人『匠の技』展」初日が終わりました。

Img_1476
Img_1477
 今回の目玉は、オーガニックコットンストール2種。

 柔らかさ抜群の肌触り。

 様々な色合いと柄。

日本橋三越本店出展案内

 本日12月26日から来年の1月11日まで、日本橋三越本店の「日本の職人『匠の技』展」に出展します。

 年末年始のお忙しい中ですが、ご案内申し上げます。

Carousel_02
 場所:本館7階催会場

 期間:2015年12月26日(土)~2016年1月11日(月)
     1月1日はお休み
     12月31日は18:00まで営業
 

2015年12月23日 (水)

藍染と水

 藍染にとって大切なものはいろいろありますが、水もその一つ。

 江戸の紺屋は、良い水を求めて引っ越しをしたという言い伝えもあるくらいなものです。

 紺邑の水は、藍染に最適!

 そういうお話を、ホームページに書いています。

 ご笑覧くださいませ。

2015年12月21日 (月)

師走の染め仕事

 年内、出来る限り藍染をしようとしています。

 ものすごい忙しさで、一歩も外に出られません。

 しかし、浮世は思うようにならず、染に集中させてくれません。なにか、他にしなければならないことが出て来る。

 今日も、午前中からそんなことに色々と時間を取られ、集中できず、一時染を諦めましたが、気を奮い起こして染めています。私にも、割合デリケートなところがあるようです。

 

 午前奪われた時間は午後取り戻すしかありませんから、仕事はまだまだ続きます(午後五時半現在)。

 もうこうなったらのんびりと淡々と染めることにします。

 

 それにしても、冬場は染物が乾きません。

 今年は特に、カラッと晴れてくれません。染だけでなく、干すという作業にも時間が掛かります。

 これも地球温暖化のせいなんでしょうか。

Img_1155

正絹の糸。半分は染上がりましたが、もう半分に四苦八苦。

2015年12月20日 (日)

今日の手

 まいにち毎日藍染していますが、何も追いつかない。

 それでも少しずつ納品しています。

 今日も今日とて、こんな手になっていますが、染めはまだまだ続きますから、仕舞いにはどうなっちゃうんでしょうか?

 うれしいです。

Img_1468 Img_1469

2015年12月18日 (金)

藍の冬支度

 藍の染め液に、寒さはいけません。すこし温めてやる必要があります。

 これを、「加温する」と言います。

Img_1463
 この甕は外に出ていますので、電気毛布と布団をぐるぐる巻きにしています。

  

 加温が始まったのは、室町時代と言われています。

 “すくも”が出来たのもその頃。

 日本が寒くなったのだと、私は考えています。

 

 ところで、染め液が冷えるとどうなるか?

 染めが難くなると私は思います。

 しかし、染め液が駄目になることはありません。この辺り、藍染めの世界に誤解がある。

  

 私の知り合いに、屋外で藍染をなさっている人がいます。この方に、染め液の冬の過ごし方を相談されました。

 「凍っても良いから放っておきなさい」と私は答えましたが、次の年の春、暖かくなってからまた染められるようになりました。

 もちろん、方法はあります。

 また、醗酵させて、藍を興してあげればよいのです。

 

 因みに私は、加温を忘れた冷たい染め液で染めたことがあります。

 水温を測ったら、4℃だった。

2015年12月 6日 (日)

アート街道66 クリスマス展最終日

 アート街道66の「クリスマス展」が、佐野市内で開催中!

 今日が最終日です。

Img017

Img018 

 手作りのクリスマスプレゼントのご提案。

 手仕事のクリスマスプレゼントも如何でしょうか。

 皆さん、楽しんでくださっているようです。

2015年12月 3日 (木)

もう一つの藍建て

 一トンを越える大きな甕と一石五斗(約270リットル)の甕を藍建てしましたが、もう一つ200リットルの甕も建ちました。

 勿論、すくもと灰汁だけの本建てです。

Img_1425
 熊本からきた若者達と、ご近所の女性とで建てました。

 来春やろうと思っている藍建てと藍染教室に向けて、私の練習でもありました。

 本建ての正藍染が、少しでも広がることを願っているのです。

Img_1433 
 寒いので、布団にくるまって寝ています。

2015年12月 2日 (水)

気づきと変化と腕が上がること

 一人で染めだして数年たちますが、面白いことに、藍の建て方、染液の維持管理方法に大きな変化があったようです。

 他人事みたいだけれど、基本的な考え方は変わらないのですが、方法が変わった。

 例えば、染液の撹拌。

 今も昔も同じだと思っていたら、こんな時代もあった。

Kakuhan
Kakuhan2
 私が藍染を始めた頃は、この撹拌にこだわり、練習もしたものだけれど、人は変わるものです。

 今じゃ、藍が建った直後でこんな様子。藍の華も立ちません。

Img_1313_2
 これは、未来を思い浮かべたから変わったわけじゃありませんし、進歩したわけでもない。

 藍と語り合い、たぶん、先人と同じことをしているでしょうから、昔に戻っている。

 そういこともあるのだなと気づかされました。
 

 ちなみに、この撹拌方法は、灰汁を取ることに役立っています。

 無駄はありません。

2015年12月 1日 (火)

ホームページ刷新!

 一大決心をして、休み時間と夜にパソコンを開き、ホームページを思い切って刷新してみました。

 気がつくと、このブログよりもアクセス数が多い物ですから、こりゃあかんと思いまして。

Img_1434

 私は誰がなんと云おうとアナログ人間で、パソコンのことなど全く分かりませんが、幸いなことにキーボードがたたけます。ワープロで鍛えられ、それで企画書やら台本やらを書いて暮らしていた時があるのです。

 一念発起してホームページを立ち上げましたが、丸々半年かかって作りました。

 作ったのは良いけれど、それをインターネットにアップする方法が分からない。

 レンタルサーバーというのと契約したのは良いけれど、FTTPサーバーがどうだなんだと云っているけれど、さっぱり分からず、いじっている内にアップできちゃった。

  

 それから何年か、どうしてネット上にアップできたかも分からずにやっている内に、今ではなんとか、仕組みの初歩くらいは分かるようになりました。

 ですから、デザインがどうだと云われても、なーーーんにもわかりませんから、これで良しとします。

 

 スマホ対応にも出来ました。

 なんと、ソフトのボタン一つだった。

 

 是非ともご笑覧いただきたい。

 そして、ご指摘あればしていただき、もうちっと良い物にもしたい気はあります。

 これからは頻繁に情報を入れて行くつもりです。

 今のところは(笑)

« 2015年11月 | トップページ | 2016年1月 »