紺邑のホームページ

ネットショップ

  • G.i-Japan
    藍染を始める方。藍染をなさりたい方もお訪ねください。藍に関する資材とノウハウを提供します。 藍染の製品もあります。 その他にも、沢山そろえて行きます。

イベント情報

フォト

« 2016年1月 | トップページ | 2016年3月 »

2016年2月

2016年2月29日 (月)

東京のマンションで藍建て・藍染

 東京のマンションの一室に、藍が建ちました。“すくも(藍)”と灰汁だけで建てた、伝統の本建てです。つまり、「地獄建て」。

Masuma
 石灰は全く使いませんから、元石、中石、止め石はありません。日本酒も使いませんし、建てる途中で“ふすま”も使いません。もちろん、ブドウ糖も水飴も使いません。建った後、仕上げに貝灰と“ふすま(小麦の皮)”を入れただけです。
 
 ただし、水を含め、使う材料の質には気を使っています。ちなみに“すくも”は佐野藍、木灰は氏素性の分かる紅葉樹を燃やしたもの、水は私の工房の地下水、貝灰は有明海産、“ふすま”は佐野市の畑で取れた小麦から取った新鮮なもの。
 
 なぜマンションの一室で藍を建て、藍染が出来るかと云うと、「本建て」は臭くないからです。建てたばかりは多少の臭いがしたとしても、強くもなく嫌なものでもありません。成長すると、直ぐに全く感じなくなります。
 
 これが、石灰を使ったり、日本酒を使ったり、ふすまを使ったりすると、例え灰汁をつかった醗酵建てでも匂うでしょう。ましてや、苛性ソーダをつかえば尚更だし、還元剤の化学建ては、部屋中に臭いが充満して、生活するのも大変かも知れません。染め液の質は、臭いで分かります。
 
 本建ての良いところはもう一つ、染液が長持ちします。私の今使っている藍甕も、建てたのは昨年の11月。そして今は成長し、落ち着いて、素晴らしい青味になっています。この青味は、本建ての結果として出てくるものです。
 
 染まるものも違います。ここでは何気なく絹を染めていますが、化学建てでは気を使うことでしょう。

Silk
 
 ウールも、綿を染めるように染まります。染め液の温度を上げたり、pH調製をしたり、染めたウールを酢酸水に浸けたりといった面倒など何もありません。綿を染めるように、ウールが染まります。 
 
 そして、色落ちも色移りも気にすることはありませんし、肌触りも石灰を使った藍染とは全く違います。
 
 藍を建てたご本人は、私の工房に足繁く通い、藍を染め、藍建ての基本を経験し、私のネット上にある藍建てと藍染の説明を熟読し、藍建ての心を知り、藍と語りあったからこそ建ったのだと思います。
 
 そしてもう一つ、私が藍建てを語れるようになったことも大きいと思います。一昨年までの私なら、教えることが出来なかったでしょうし、事実、当時の私の影響を受けた人たちは、藍建てにもう少し苦労をしています。
 
 さて、良くやりましたが、本建ての維持管理は、建てることの100倍難しいと昔の人は云いますから、まだまだこれからです。それがまた、面白いのです。

2016年2月18日 (木)

ネットショップ開設

 一時いろいろありまして、自身のネットショップを意識的に閉鎖をしましたら、やろうとしていたショップに妙なものが絡んで中断。結局、私の現状は、ちゃんとしたショップが無い状態にありました。

 そこで一念発起!

 日本のものづくりに貢献しようという、大きく、大胆で恐れを知らない野心を以て、ネットショップを小さく始めることにしました。

 やるのは私ではありませんで、子供たちです。私には、とてもエネルギーはありませんから。
 どうぞ、ご覧いただきたい。

 実はまだ中途半端なのですが、問い合わせが多いものですから見切り発車です。これから充実させていきます。

 ショップの名はG.i-japan(ジー・アイ・ジャパン)と云います。

 
  G.i (じあい)とは「地藍」そして「慈愛」。
 「地藍」とは、その土地で作られた「藍」のこと。伝統と手作りの象徴。
 「慈愛」とは、常に慈(いつく)しみを注いでかわいがる心のこと。
 
 ホームページにはそう書いてあります。

 藍染を始めたい方。
 藍染をなさっている方。
 本建て、本染めを目指している方々には、藍染の資材もノウハウも提供します。
 どうぞ一度、お訪ねくださいませ。

2016年2月17日 (水)

帆布を藍染

 帆布を藍染しています。
 
 一つは生地の無地染め。
 そして、ジーンズ三本。

Img_1536

  生地は、バッグに変身予定です。
 
 ジーンズは、Levi'sのホワイトジーンズを藍染。
 
 三色に色分けし、わざと斑染めにしています。
 
 伊勢丹新宿展で倉敷のジーンズ屋さんと同じ会場で出展していたら、ジーンズは斑染めが良いと聞いたので染めてみました。
 
 日本橋三越では、無地が二本出ましたが、今後はこれで行きます。

 
 本染めの藍染は、帆布もよく染まります。
 
 しかし、私の知り合いの藍染屋さんが帆布を染めたら、「混ぜ物をしなければ染まらないはず」と言われたそうですが、そういうことはありません。そんなこと云う方が変な藍染だと、私は断言します(笑)
 
 
 色はそれぞれですが、後ろにある浅葱色の布は、麻布です。
 
 これもまた、藍染の色の一種ですが、最近は黒に近い藍染しか認めない地方もあるとかで、日本の藍染文化は、やはり危ういです。

2016年2月13日 (土)

紺邑の風土祭終了!

 私の故郷で行われた「足利風土祭 紺邑正藍染展」と私のライブは無事終了しました。ご来場いただいた皆様に、心から御礼申し上げます。

 ライブも会場一杯のお客様で、大川本家やら同級生やら、その昔お世話になった方々や実家のご近所や、それはもう知り合いばかり。楽しい一時を過ごさせていただきました。

Touyoukan
 写真は相田公弘さんから拝借。

 6時40分から始まり、7時15分までが第1部。7時半から8時半までが第二部。合計で1時間半強のギター弾き語りでしたが、最後は、右手の中指の爪が割れましたです。

2016年2月10日 (水)

足利風土祭

 「桐生着倒れ 足利食い倒れ」と云われたほどに、足利は食の町。両毛で唯一料亭の残る町ですが、それは、古くから京・大阪・江戸の人たちを接待するためでもありました。

 食に関しては、足利人のこだわりは大きく、美味いものの多いところです。

 その特徴を生かして、地元のミニコミ誌「渡良瀬通信」の野村編集長が始めたのが「足利風土祭」。「風土」を「Food」にかけたのでしょう。

Foodfesta_2

 紺邑は佐野市にありますが、私が足利生まれの足利育ちですから、「足利ゆかりの」というコンセプトに賛同して、今回、参加させていただきます。

2016足利風土祭「正藍染作品展」

Img_1534

2016年2月10日(水)~12日(金)
東葉館 足利市葉鹿町1981
電話0284-62-0136
 

« 2016年1月 | トップページ | 2016年3月 »