紺邑のホームページ

ネットショップ

  • G.i-Japan
    藍染を始める方。藍染をなさりたい方もお訪ねください。藍に関する資材とノウハウを提供します。 藍染の製品もあります。 その他にも、沢山そろえて行きます。

イベント情報

フォト

« ネットショップ開設 | トップページ | 藍を「建てる」とは。 »

2016年2月29日 (月)

東京のマンションで藍建て・藍染

 東京のマンションの一室に、藍が建ちました。“すくも(藍)”と灰汁だけで建てた、伝統の本建てです。つまり、「地獄建て」。

Masuma
 石灰は全く使いませんから、元石、中石、止め石はありません。日本酒も使いませんし、建てる途中で“ふすま”も使いません。もちろん、ブドウ糖も水飴も使いません。建った後、仕上げに貝灰と“ふすま(小麦の皮)”を入れただけです。
 
 ただし、水を含め、使う材料の質には気を使っています。ちなみに“すくも”は佐野藍、木灰は氏素性の分かる紅葉樹を燃やしたもの、水は私の工房の地下水、貝灰は有明海産、“ふすま”は佐野市の畑で取れた小麦から取った新鮮なもの。
 
 なぜマンションの一室で藍を建て、藍染が出来るかと云うと、「本建て」は臭くないからです。建てたばかりは多少の臭いがしたとしても、強くもなく嫌なものでもありません。成長すると、直ぐに全く感じなくなります。
 
 これが、石灰を使ったり、日本酒を使ったり、ふすまを使ったりすると、例え灰汁をつかった醗酵建てでも匂うでしょう。ましてや、苛性ソーダをつかえば尚更だし、還元剤の化学建ては、部屋中に臭いが充満して、生活するのも大変かも知れません。染め液の質は、臭いで分かります。
 
 本建ての良いところはもう一つ、染液が長持ちします。私の今使っている藍甕も、建てたのは昨年の11月。そして今は成長し、落ち着いて、素晴らしい青味になっています。この青味は、本建ての結果として出てくるものです。
 
 染まるものも違います。ここでは何気なく絹を染めていますが、化学建てでは気を使うことでしょう。

Silk
 
 ウールも、綿を染めるように染まります。染め液の温度を上げたり、pH調製をしたり、染めたウールを酢酸水に浸けたりといった面倒など何もありません。綿を染めるように、ウールが染まります。 
 
 そして、色落ちも色移りも気にすることはありませんし、肌触りも石灰を使った藍染とは全く違います。
 
 藍を建てたご本人は、私の工房に足繁く通い、藍を染め、藍建ての基本を経験し、私のネット上にある藍建てと藍染の説明を熟読し、藍建ての心を知り、藍と語りあったからこそ建ったのだと思います。
 
 そしてもう一つ、私が藍建てを語れるようになったことも大きいと思います。一昨年までの私なら、教えることが出来なかったでしょうし、事実、当時の私の影響を受けた人たちは、藍建てにもう少し苦労をしています。
 
 さて、良くやりましたが、本建ての維持管理は、建てることの100倍難しいと昔の人は云いますから、まだまだこれからです。それがまた、面白いのです。

« ネットショップ開設 | トップページ | 藍を「建てる」とは。 »

藍染め」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/194328/63280778

この記事へのトラックバック一覧です: 東京のマンションで藍建て・藍染:

« ネットショップ開設 | トップページ | 藍を「建てる」とは。 »