紺邑のホームページ

ネットショップ

  • G.i-Japan
    藍染を始める方。藍染をなさりたい方もお訪ねください。藍に関する資材とノウハウを提供します。 藍染の製品もあります。 その他にも、沢山そろえて行きます。

イベント情報

フォト

« 2016年5月 | トップページ | 2016年7月 »

2016年6月

2016年6月25日 (土)

理想のラーメンと餃子

 「味覚は記憶だ」と云ったのは開高健。子供のころに味わったものを、追い求めているのだと。

 だから、グルメなどというが、それは子供のころからコックが家にいたような人が食について語ることが出来るのだと。例えば文壇でいえば、吉田健一のような人だと。

 さて、私と云えばただの田舎者。

 魚は塩にまみれた鮭かサンマの開き。肉はたたきにたたいて薄っぺらくしたトンカツ。すき焼きは鶏肉とキンカン。しかし、みんな美味かった。

 野菜は地どり。鶏肉も地鶏。鶏卵は毎朝鶏小屋からとってくる超新鮮もの。

 金は掛かっていないけれど、美味いものだらけだった。

 

 ラーメンも例外ではなく、記憶を追い求めている。理想がある。

 これがそのお姿。

Img_0454
 少し黒目のスープに、チャーシュー、シナ竹、ナルトにほうれん草に葱。

 お味も、記憶を思い起こさせる。

 

 餃子は如何に。

 その昔、餃子が日本で初めて流行った55年ほど前、お隣の桐生市に餃子専門店が出来た。小学校では、餃子の食し方で議論になったほど。

 その時のお味が記憶。

Img_0455
 この餃子がそれに近い。

 これを食するのが最近の夢で、昨日、行って参りました。

 以前にも書いたけれど、足利は泰鵬本店。

 大満足でした。

2016年6月22日 (水)

山の中のお好み焼き屋さん

 今日、お昼を食べに、例のお好み焼き屋さんへ大人8人で行ってきました。

Img_0453
Img_0451
 貸し切り状態ですから、遠慮なく騒いできましたが、おかみは面白い。

 情報公開のお許しを頂きましたので、お電話してから行ってみてください。

お好み焼き 誠風

℡0283-65-1778

地図はこちら




2016年6月17日 (金)

栃木市のパン屋さん

 家内は東京生まれの東京育ち。

 パンが大好きで、特にライブレッドに目がないのだけれど、栃木に来てから美味しいものに出合えなくて嘆いておりました。

 栃木市で行われた麻の展示会に行ったついでに、パン屋さんにも寄って久々においしいパンを買ってきました。

Img_0439
 なんとも味わいのあるお店だけれど、その昔は予約しか受け付けていませんでしたが、最近は、買えるようになりました。

Img_0440
 品切れ次第終了ですが、この日は幸いなことに少し残っていました。

 全部頂いて帰りましたが、ここのパンをランチにいただきたいけれど、栃木市だから遠い。

 

 天然酵母パンの上に、薪を使って石窯で焼き、その灰は私が藍染に使っています。

 同じ醗酵の世界ですから、ご主人は話を始めると止まりません。

 栃木駅の南です。

2016年6月13日 (月)

麻の古布の展示会

 日本の麻は、栃木県が主な産地。何度も書くようだけれど、ほぼ90%を占めています。

 その昔は栃木市から舟で出荷されていたようで、その代表的な問屋が「横山記念館」として栃木市に残されています。

 そこで、麻布の展示会が開かれ、私の染めた大麻布の古布も展示されました。

Img_0425
Img_0428

 大麻というと、その薬効効果だとか精神性だとか喧しいですが、人間世界では古くから実用されてきたもの。つまり、布にして着、紐にして使ってきた。

 そこには「なぜ麻を使うか」という、本質的な意味があったはず。現在の喧しい議論は、そこから目を背けさせると私は思うようになってきました。

Img_0427
 「大麻取締法」が問題とされる。

 確かに、その通りでしょうが、それでも大麻と親しむ方法はある。

 使えるように、手間暇を惜しまず努力すればよい。それは、今できる事。

 それを惜しんだ議論ばかりと感じるようになりましたが、それは藍染も同じです。

2016年6月11日 (土)

大麻(おおあさ)のこと 苧麻(ちょま)のこと

 日本人が古来から使ってきた布は、主に麻。それも大麻。

 育て、糸にし、織り、着ていた。又は、紐にして使ってきた。

 いつしかそれも途絶え、今や日本に、麻糸がありません。だから、麻の布もない。

 世の中では、それは「大麻取締法」があるからだと云いますが、私もそう思っていましたが、どうも、その理由は正藍が日本にわずかしかない理由と同じだと思うようになりました。

 つまり、日本人が、面倒なことよりも簡単なことを選んでしまったのではないかと。

 その辺りは、これから麻糸と親しくなりながら、語っていきたいと思います。

Img_0416
 そんな折、私の染めた麻の着物を取りに、那須の大麻博物館の方々がいらっしゃいました。栃木市の麻問屋だった横山郷土館で開催される、麻の古布の展示会でお使いになるためです。

 毎回、麻について教えてくださる。

 ふと館長が、「苧麻を栽培しているのですか?」とお尋ねになった。

 何のことかと思ったら、庭に生えている雑草が苧麻なんだそうです。

Img_0417
 これが、いわゆる上布になる。例えば「宮古上布」のように。

 その話に藍染をしていた草木染の先生が入って来て、「ね!苧麻ですよね。なんで生えているのかと思っていました」とおっしゃる。

 先生は、宮古出身で、母上は宮古上布を織っていらしたから、苧麻とは親しかったのです。

 調べると苧麻は、閑馬だけではなく、隣の沢にも群生しています。

 苧麻は高級品だけれど風の影響を受ける。それを和らげるために、畑の周りに背の高くなる大麻を植えていたのだそうです。

 大麻と苧麻は、深く関係していたらしい。

 
Img_0418

 
 さて、これをどう生かしましょうか?

 

2016年6月10日 (金)

草木染の先生

 ここでいう「先生」とは、愛称のようなもので、この間の講習会で学んだ生徒でもあります。しかし、本当に草木染の専門家で手織りもなさる。作品は、民芸館に展示されます。

 さて、藍染だけは苦しんで来た。藍染の専門家に絹糸を染めてもらい、機織りをしてきたのですが、作品は出来る。しかし、色が落ちて移るので、着ることが出来なかった。

 染め元に云うと、「襦袢を考えて着てください」というのだそうです。つまり、色落ちと色移りを前提に着物を着ろということ。

 そんな数十年の悩みを解決したいと思って、紺邑に入らしたといういわく因縁のある方です。

 最初は半信半疑。

 しかし、自分で藍建てをし、藍染をし、経験して実感して、ようやく色移りしない藍染に御納得なさった。

Img_0423
 絹糸を一反分染めていかれました。二日間掛かったけれど、もう一度いらっしゃることになるかもしれません。

 この方には私も教わることが多い。例えば絹糸の精練の仕方や、染める根性のようなもの。とにかく、丁寧で執念を感じます。だから、出来上がりが素晴らしい。

 想像力もある。

Img_0420
 ストールをこんな風に染めていかれました。

 面白いと思います。

2016年6月 7日 (火)

里山のお好み焼き屋さん

 近所の沢を奥に入って行き、細い道を分け入った突き当りに、お好み焼き屋さんがありました。

Img_0392
 噂には聞いていたけれど、閉めたとばかり思っていました。

 中に入ると、普通にお好み焼き屋さん。

Img_0393

Img_0396 
 関東のお好み焼きは、自分で作る。

 味付けもお好みだから「お好み焼き」。

 一口頂いたら、これが複雑で絶妙なお味。

 そういうとおかみさんが、「お出汁がちがうの」とおっしゃった。

 もんじゃ焼きもいただいたけれど、これは東京の月島風。

 月島に修行に行って覚えてきたと言う本物。

 「夜来るときは、出来れば朝電話してね」と、予約しなきゃならないのが玉にきず。

Img_0398 
 数寄屋造りの凄いおうちが隠れています。中の作りも素晴らしい。

Img_0410
 松枝玉記さんの作品があった。

 講習会の生徒たちを泊めてくださるというお話にもなりました。




2016年6月 4日 (土)

紺邑の藍畑

 2011年、震災の年、被災地の浪江町から佐野市に避難なさってきた斎藤ご夫妻と、菊地さんと家内で始めた藍草の栽培。それがきっかけで、「佐野藍」の復活が始まりました。

 最初は直播でうまくいかず、ある藍農家に知恵を借りつつ、試行錯誤でしてきた藍草の栽培も5年が経ち、ようやく畑らしい畑になったように思います。なにせど素人ですから。

Img_0386 
 現在は福島市に住んでいる斎藤ご夫妻が、藍草の苗をお持ちになった。80歳を超えたご高齢のお二人が、炎天下の中、楽しそうに藍草を植えていかれました。

 まだ成長半ばの苗もあり、また体力の問題もありますから、出来るだけのことをやってお帰りになりました。

 震災がなければ佐野藍もなかった。

 ましてや、自分たちで藍草を栽培するような事態になることもなかったなと、多少の感慨があることはあります。


 福島県双葉郡浪江町は、来年帰ることが出来そうです。放射線量も思ったより減ってきているし、隣の南相馬市小高地区には、民間のお医者さんも2人お帰りになっている。

 「草刈りに行きますよ」というと、「なに、除染作業で家も畑もお墓もきれいなもんだ」と。

 そういえば、双葉町に実家のある友人の写真を見たことがありますが、その通りできれいになっていました。

 それでも、たぶん帰れないでしょう。

 何分、ご高齢ですから。

« 2016年5月 | トップページ | 2016年7月 »