紺邑のホームページ

ネットショップ

  • G.i-Japan
    藍染を始める方。藍染をなさりたい方もお訪ねください。藍に関する資材とノウハウを提供します。 藍染の製品もあります。 その他にも、沢山そろえて行きます。

イベント情報

フォト

« 山の中のお好み焼き屋さん | トップページ | 二回目の藍建て講習会 »

2016年6月25日 (土)

理想のラーメンと餃子

 「味覚は記憶だ」と云ったのは開高健。子供のころに味わったものを、追い求めているのだと。

 だから、グルメなどというが、それは子供のころからコックが家にいたような人が食について語ることが出来るのだと。例えば文壇でいえば、吉田健一のような人だと。

 さて、私と云えばただの田舎者。

 魚は塩にまみれた鮭かサンマの開き。肉はたたきにたたいて薄っぺらくしたトンカツ。すき焼きは鶏肉とキンカン。しかし、みんな美味かった。

 野菜は地どり。鶏肉も地鶏。鶏卵は毎朝鶏小屋からとってくる超新鮮もの。

 金は掛かっていないけれど、美味いものだらけだった。

 

 ラーメンも例外ではなく、記憶を追い求めている。理想がある。

 これがそのお姿。

Img_0454
 少し黒目のスープに、チャーシュー、シナ竹、ナルトにほうれん草に葱。

 お味も、記憶を思い起こさせる。

 

 餃子は如何に。

 その昔、餃子が日本で初めて流行った55年ほど前、お隣の桐生市に餃子専門店が出来た。小学校では、餃子の食し方で議論になったほど。

 その時のお味が記憶。

Img_0455
 この餃子がそれに近い。

 これを食するのが最近の夢で、昨日、行って参りました。

 以前にも書いたけれど、足利は泰鵬本店。

 大満足でした。

« 山の中のお好み焼き屋さん | トップページ | 二回目の藍建て講習会 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/194328/63827091

この記事へのトラックバック一覧です: 理想のラーメンと餃子:

« 山の中のお好み焼き屋さん | トップページ | 二回目の藍建て講習会 »