紺邑のホームページ

ネットショップ

  • G.i-Japan
    藍染を始める方。藍染をなさりたい方もお訪ねください。藍に関する資材とノウハウを提供します。 藍染の製品もあります。 その他にも、沢山そろえて行きます。

イベント情報

フォト

« 里山のお好み焼き屋さん | トップページ | 大麻(おおあさ)のこと 苧麻(ちょま)のこと »

2016年6月10日 (金)

草木染の先生

 ここでいう「先生」とは、愛称のようなもので、この間の講習会で学んだ生徒でもあります。しかし、本当に草木染の専門家で手織りもなさる。作品は、民芸館に展示されます。

 さて、藍染だけは苦しんで来た。藍染の専門家に絹糸を染めてもらい、機織りをしてきたのですが、作品は出来る。しかし、色が落ちて移るので、着ることが出来なかった。

 染め元に云うと、「襦袢を考えて着てください」というのだそうです。つまり、色落ちと色移りを前提に着物を着ろということ。

 そんな数十年の悩みを解決したいと思って、紺邑に入らしたといういわく因縁のある方です。

 最初は半信半疑。

 しかし、自分で藍建てをし、藍染をし、経験して実感して、ようやく色移りしない藍染に御納得なさった。

Img_0423
 絹糸を一反分染めていかれました。二日間掛かったけれど、もう一度いらっしゃることになるかもしれません。

 この方には私も教わることが多い。例えば絹糸の精練の仕方や、染める根性のようなもの。とにかく、丁寧で執念を感じます。だから、出来上がりが素晴らしい。

 想像力もある。

Img_0420
 ストールをこんな風に染めていかれました。

 面白いと思います。

« 里山のお好み焼き屋さん | トップページ | 大麻(おおあさ)のこと 苧麻(ちょま)のこと »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/194328/63773110

この記事へのトラックバック一覧です: 草木染の先生:

« 里山のお好み焼き屋さん | トップページ | 大麻(おおあさ)のこと 苧麻(ちょま)のこと »