紺邑のホームページ

ネットショップ

  • G.i-Japan
    藍染を始める方。藍染をなさりたい方もお訪ねください。藍に関する資材とノウハウを提供します。 藍染の製品もあります。 その他にも、沢山そろえて行きます。

イベント情報

フォト

« 大麻(おおあさ)のこと 苧麻(ちょま)のこと | トップページ | 栃木市のパン屋さん »

2016年6月13日 (月)

麻の古布の展示会

 日本の麻は、栃木県が主な産地。何度も書くようだけれど、ほぼ90%を占めています。

 その昔は栃木市から舟で出荷されていたようで、その代表的な問屋が「横山記念館」として栃木市に残されています。

 そこで、麻布の展示会が開かれ、私の染めた大麻布の古布も展示されました。

Img_0425
Img_0428

 大麻というと、その薬効効果だとか精神性だとか喧しいですが、人間世界では古くから実用されてきたもの。つまり、布にして着、紐にして使ってきた。

 そこには「なぜ麻を使うか」という、本質的な意味があったはず。現在の喧しい議論は、そこから目を背けさせると私は思うようになってきました。

Img_0427
 「大麻取締法」が問題とされる。

 確かに、その通りでしょうが、それでも大麻と親しむ方法はある。

 使えるように、手間暇を惜しまず努力すればよい。それは、今できる事。

 それを惜しんだ議論ばかりと感じるようになりましたが、それは藍染も同じです。

« 大麻(おおあさ)のこと 苧麻(ちょま)のこと | トップページ | 栃木市のパン屋さん »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/194328/63804192

この記事へのトラックバック一覧です: 麻の古布の展示会:

« 大麻(おおあさ)のこと 苧麻(ちょま)のこと | トップページ | 栃木市のパン屋さん »