紺邑のホームページ

  • 紺邑のホームページ
    新しいホームページがオープンしました。紺邑について、藍染めについての情報です。

ネットショップ

  • G.i-Japan
    藍染を始める方。藍染をなさりたい方もお訪ねください。藍に関する資材とノウハウを提供します。 藍染の製品もあります。 その他にも、沢山そろえて行きます。

イベント情報

フォト

« 2016年6月 | トップページ | 2016年8月 »

2016年7月

2016年7月24日 (日)

染め方洗い方

 藍染は、・・・

 精練⇒①洗い⇒②灰汁付け⇒③染め⇒④洗い⇒⑤天日干し⇒洗い⇒灰汁付け⇒染め⇒洗い⇒天日干し・・・の繰り返しです。そして、仕上げ。

 精練は、糸や布から、油や糊や汚れを落とすことですが、これは肝心かなめです。

Img_0539

 ①は、繊維や糸から空気を抜いて藍が付きやすくすること。

 ②は、染物を灰汁につけることによって、染液を傷めず、より藍が付きやすくすること。

 ③は当たり前に藍染ですが、藍は付着ですから染色の染め方と全く違います。

Img_0556
 世の中では、これがなかなかお分かりいただいていないようです。布染めも糸染めも同じ。

 ④は二段階に分かれます。

Img_0570
 先ずは灰汁を落とし。そして、酸化発色。もちろん、洗い方も変わりますが、簡単ではないようです。講習生が洗うのと私が洗うのでは、色が違ってくる。これもまた慣れですが、洗う訳を知ること、つまり、何故洗うのかを知ることが大切です。

 ⑤は必須です。藍染は陰干しという人もいますが、天日干しです。これをするとしないとでは全く違います。だから、お天気仕事。

Img_0567
 写真の濃紺の糸はウールですが、これも天日干し。水色のTシャツも綿糸も麻も綿布も絹も天日干しです。 

 そして①~⑤を繰り替えし、最後に仕上げをします。

 仕上げについてはいつか書くかもしれませんが、これもまたお日様が必要です。

  
 

 これは昔から書いていることですが、毎回洗う藍染を不思議に思った「本場」と言われる地方の方が、私のところにお出でになったことがあります。そこでは、染めたものをそのまま酸化させ、それを何度も繰り返し、最後に洗うのだそうですが、そういう染め方との違いはご説明しておきましたが、世の中では理解されていないようです。

2016年7月22日 (金)

第二回藍建て講習会終了

 二回目の藍建て講習会が終わりました。現在は週2回休みがあるわけですが、7日間ぶっ通しでの講習を、皆さん良くやりました。

 特に頑張ったのは、紺邑の藍甕。

 皆さん、染めに染めましたが、それに耐え、7日間染まり続けました。

Img_0570

 この凄さは、藍染をしている人にしか解りませんが、幸い今回はそういう人たちがいたので張り合いがありました。

 染めても染めても染まり続け、朝は蓋を開けただけで、pHも計らず調整もせず、そのまま染めることが出来るという、醗酵の凄さです。

 
 

 今回は、藍草を育ててすくもをつくっている人もいましたので、藍畑と藍師の話を聞く機会も持ちました。

Img_0562
 皆さんが驚いたのは、大きくてふくよかな藍草の葉。

 これもまた、百聞は一見にしかずです。

 

 めでたく講習会は終了しましたが、これで全部理解できたはずもありません。

 私は彼らの藍建てを、一生涯面倒を見る覚悟です。

 どうせ、死んじゃいますから(笑)

2016年7月18日 (月)

藍建て講習会 二日目三日目

 藍建て講習会と銘打っていますから、藍建てをしています。

Img_0536
 すくもを手で練る作業もありますから、皆さん、こんな具合。

 まるで、泥んこ遊びだと言っています。


 藍染の基本も講習していまして、この日は布染め。

Img_0548
 基本中の基本の精練を覚えます。

Img_0552
 そして、藍染の実習。

 中には藍染を十何年もやっている講習生もいて、彼女の体験による質問は、講習生全体に参考になっていると思います。

Img_0553
 京都から「手染メ屋」の青木さんがご来工。

 講習生と一緒に、ご自分でお持ちになったオーガニックコットンのTシャツを藍染して行かれました。

Img_0551

 このTシャツが大好評で、私も気に入りました。講習生にはテキスタイルのプロもデザイナーも混じってますから、話題はかなり専門的。

 楽しいひと時を過ごさせていただきました。

2016年7月17日 (日)

二回目の藍建て講習会

 二回目の藍建て講習会が16日から始まりました。

 今回の参加者は、鳥取、兵庫、広島、東京、足利、神奈川、佐野からの総勢7名です(佐野出身者は現在足利市在住)。

Img_0497_2

 皆さんすぐに打ち解けて、和気あいあいの中、真剣に藍と向き合っています。

 爪を藍染で青くしている方、ご自分で藍を染めたTシャツをお召しの方、藍染と初めて出会う方、大学で染色を専攻した方、私のブログの愛読者、既に私の藍建てを実行なさっている方、服飾デザイナー、地元の人と、様々な人が集まりました。

Img_0488_2

 今回の問題点は天候のみですが、久々に雨が上がってくれたので灰の煎り直しが出来ました。

 写真ではわかりませんが、歓声が上がっています。

 まずは、無事初日を終えました。

二回目の藍建て講習会

 二回目の藍建て講習会が16日から始まりました。

 今回の参加者は、鳥取、兵庫、広島、東京、足利、神奈川、佐野からの総勢7名です(佐野出身者は現在足利市在住)。

Img_0497
 皆さんすぐに打ち解けて、和気あいあいの中、真剣に藍と向き合っています。

 爪を藍染で青くしている方、ご自分で藍を染めたTシャツをお召しの方、藍染と初めて出会う方、大学で染色を専攻した方、私のブログの愛読者、既に私の藍建てを実行なさっている方、服飾デザイナー、地元の人と、様々な人が集まりました。

Img_0488
 今回の問題点は天候のみですが、久々に雨が上がってくれたので灰の煎り直しが出来ました。

 写真ではわかりませんが、歓声が上がっています。

 まずは、無事初日を終えました。

« 2016年6月 | トップページ | 2016年8月 »