紺邑のホームページ

  • 紺邑のホームページ
    新しいホームページがオープンしました。紺邑について、藍染めについての情報です。

ネットショップ

  • G.i-Japan
    藍染を始める方。藍染をなさりたい方もお訪ねください。藍に関する資材とノウハウを提供します。 藍染の製品もあります。 その他にも、沢山そろえて行きます。

イベント情報

フォト

« 薬草としての藍草 | トップページ | お知らせ »

2016年8月30日 (火)

染料と薬効

 随分前になりますが、「植物から取る染めは本来、人の役に立ってきた。そこに本質的な存在の意味がある。だから、人間は捨てることなく使い続けてきた」と書きましたが、現代はそれを忘れているか理解出来ないと云えると思います。
 
 染料やその元となる植物の薬効効果は、人間の生活の知恵としてあった。それが化学的な合成の染料に取って代わられ、色だけが残ったと云うことはあるかと思います。つまり、染めの本質的な意味を現在は失っている。
 
 例えばクチナシは黄色を出しますが、生薬として消炎、炎症を防ぎ、赤を出すアカネは消炎、止血、通経薬としてつかわれていたし、ムラサキは消炎、抗菌作用が知られています。紅花染は血行を良くするとは、古くからの言い伝えです。だから女性の下着に使われた。
 
 特に藍は、その薬効についての記述は約二千年前の中国の薬物書「神農本草経」にすでに表わされていると云いますし、日本でも江戸時代の「和漢三才図会」に「五臓六腑を整える」とある。
 
 そういうものはいつか紹介するにしても、現代は科学的分析を求めます。
 結果的に腹痛が治り、血が止まり、炎症を防ぎ、血行が良くなれば、本来人間はそれで良しとするものだしそれを利用しようとするし、してきた。しかし現代は、何故そうなるかという理由が科学的に明確にならなければ納得できなくなってしまった。だから、分析が必要になる。
 
 例えばここに、こういう検査結果がある。
 
<国立大学法人 弘前大学(青森県弘前市、以下:弘前大学)とサンスター株式会社(本社:大阪府高槻市、代表取締役社長 吉岡貴司、以下:サンスター)は、2007 年 8 月に締結した「研究連携の推進に係る協定」に基づき、2009 年 6 月よりタデ藍の抗真菌活性に着目した共同研究に取り組み、このたび、新規タデ藍エキスを開発、スキンケア用途での有用性を使用試験により確認しました。>
 
 ずいぶん面倒なことをしなければならない世の中になりました。しかし、仕方ありません。「医薬品、医療機器等の品質、有効性及び安全性の確保等に関する法律(旧薬事法)」がありますから。 
 したがって、こういう分析が数多く見られだしたのも、ごく最近のことのようです。
 
 とにかく藍は、草も染も、人間の肌に優しいものです。藍染の場合は強アルカリ性でも、灰汁だけを使い、苛性ソーダも石灰も使わないことが肝心ですが(笑)。
 
 
 
 藍染の効用は丈夫で長持ちする事にもある。
 
 現存する日本最古の藍染は、正倉院にある縹縷(はなだのる)。一千三百年前の物が、色の変化もほとんどなく現存しています。

Hanadanoru2 
<藍染めの絹紐を巻き束ねたもの。天平勝宝4年(752)の大仏開眼会で用いられた由緒ある品。大仏に眼睛を点じた筆に結び付けられ、参集者はこの紐を手にして功徳に与ったとされる。>

« 薬草としての藍草 | トップページ | お知らせ »

藍染め」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/194328/64134926

この記事へのトラックバック一覧です: 染料と薬効:

« 薬草としての藍草 | トップページ | お知らせ »