フォト

紺邑のホームページ

  • 紺邑のホームページ
    職人の手づくりのホームページです。 紺邑について、藍染めについての情報は、こちらをご覧ください。

ネットショップ

  • G.i-Japan
    藍染を始める方。藍染をなさりたい方もお訪ねください。藍に関する資材とノウハウを提供します。 藍染の製品もあります。 その他にも、沢山そろえて行きます。

他のアカウント

« 父のことなど(藍の醗酵について) | トップページ | お知らせ »

2016年11月 6日 (日)

板藍根(ばんらんこん)

 藍草は古来、薬草として使われてきました。根からとる薬を「板藍根(ばんらんこん)」、葉を「大青葉(だいせいよう)」と云います。

P1020842
我が家の藍畑

 先だって、薬剤師の方が藍染をなさりにいらっしゃいまして、藍葉の薬効の話になりました。彼女は「板藍根(バンランコン)がインフルエンザにいいんです」とおっしゃった。藍草の根が原料の漢方薬。我が家に良くいらっしゃるご近所の方も、「板藍根」をお持ちだった。

 藍草の葉と根の効用については、『臨床中医学概論』(張瓏英 緑書房)に以下のように書いてあります。

【大青葉(だいせいよう)と板藍根(ばんらんこん)】

 性味:苦,寒。
 帰経:心・胃経。

〔薬理作用〕大青葉は葉であり板藍根は同一植物の根である。
 清熱,涼血,解毒作用がある。実験室ではチフス菌,溶血性連鎖状球菌,大腸菌,赤痢菌,黄色ブドウ状球菌に抑制作用が証明されている。
 近年,ウイルス疾患に相当強力な効果が認められ注目されている。特に流行性耳下腺炎では,大青葉,板藍根単味の煎剤でよく効果をあげている。中国では「板藍根錠剤」として一般に市販されている。
 その他インフルエンザ,日本脳炎,麻疹,肝炎等にも有効であるとしばしば報告されている。
 現在では,ウイルス疾患の治療に際し,欠かせない薬剤となっている。

  
 
 なるほど、食あたりのような胃痛に良いわけです。私による身体実験済みだ。風邪薬やインフルエンザなどの流行性感冒にもよろしいらしい。中国でサースがはやったときに、板藍根が売り切れたという話を、風のうわさに聞いています。
 
 これは放っておけないか(笑)
 そう考える人が多くなってきているようで、藍の葉のお茶やらなんやらと、出回るようになりました。

 蒅を作らず、藍草の様々な効用を利用しようとして本末転倒になっているのは、産地と云われる某地方で、そんなことよりも蒅を作ってもらいたいものだ。

 ちなみに薬剤師の方は、藍畑から藍草を根っこから引き抜いて持って帰られました。「板藍根」を作るのだそうです。

« 父のことなど(藍の醗酵について) | トップページ | お知らせ »

藍染め」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 父のことなど(藍の醗酵について) | トップページ | お知らせ »