紺邑のホームページ

  • 紺邑のホームページ
    新しいホームページがオープンしました。紺邑について、藍染めについての情報です。

ネットショップ

  • G.i-Japan
    藍染を始める方。藍染をなさりたい方もお訪ねください。藍に関する資材とノウハウを提供します。 藍染の製品もあります。 その他にも、沢山そろえて行きます。

イベント情報

フォト

« 2017年7月 | トップページ | 2017年9月 »

2017年8月

2017年8月26日 (土)

染め液に黒砂糖をお使いの方へ

 何年か前まで紺邑も、藍の染め液の維持管理に黒砂糖を使っておりました。ですから私の昔の記事を読んで使っている人がいますが、現在は全く使っていません。なぜなら、使い方によってはブドウ糖や水飴と同じ効果になってしまうからです。つまり、微生物の餌とはならず、還元剤になってしまうわけです。


 微生物の餌として使うには、第一に黒砂糖の質を考えなければなりません。第二に、使う量を知らねばならない。
 

 それに、今の黒砂糖はブドウ糖で増量したものもあると聞きます。蜂蜜なども同じ。こういうものは使わないほうが良いし、使うべきではありません。
 
 

 ある科学者から染め液に黒砂糖を入れる事をどう思うか質問しました。そして「微生物の餌となる量なら良いでしょう」とお答えをいただいた。それがどのくらいの量か?間違えると大量に使うことになる。

 
 昔の紺邑では、私の居ない時の手入れがそうだったようで、寿命は極端に短くなり、色移りもするようになりましたので、染め師が私一人になってから全く使わないようになりました。結局、当時工房にいた人には理解できていなかったようです。
 

 ですからこのような事があったわけです。

 
【手入れ】

>灰汁に黒砂糖を溶くときに、私がじっと考え込んでいるのを見て不思議そうでしたが、あれは、藍がどの位黒砂糖を欲しがっているかを考えていたんです。<

 これは伝えられませんし、藍建てと手入れに誤解が生じますので、黒砂糖の使用は全く辞めたというわけです。

 

 もう一つ、先日【解決した三つの悩み】という記事をフェースブックにアップしましたが、このうちの一つが「黒砂糖の使用をやめること」でした。

 その結果は素晴らしいもので、藍染めを20年以上続けている方が感動するくらいなものです。

 こちらも、ご覧ください。

 私の藍建てを参考にしたい方へ、参考までに。黒砂糖は使ってはいけませんよ。実際、講習生は一切黒砂糖は使いません。

 私も変化するということです。

お休みのお知らせ

紺邑は8月26日(土)・27日(日)、臨時のお休みとさせていただきます。

ご迷惑をおかけしますがよろしくお願いします。

2017年8月22日 (火)

ホームページ更新 染め体験 染め預かり

ホームページを更新しました。

紺邑は本建ての工房ですが、今、それを公開し、正藍染を伝えようとしています。
 

何をしているかというと・・・

①藍建て(染め液を作ること)を伝えること。
Img_0557

②お客様に藍甕をお貸しして、藍染めをしていただくこと。
Photo

③プロのデザイナーやお客様のご要望に応えて、その方々の藍染めをすること。

などです。


皆様、ご遠慮なくお申し付けくださいますように。

それについて、ウェブサイトに新しいページを作り、具体的な概要をお知らせすることにしました。

どうぞこちらをご覧くださいませ。

« 2017年7月 | トップページ | 2017年9月 »