フォト

紺邑のホームページ

  • 紺邑のホームページ
    職人の手づくりのホームページです。 紺邑について、藍染めについての情報は、こちらをご覧ください。

ネットショップ

  • G.i-Japan
    藍染を始める方。藍染をなさりたい方もお訪ねください。藍に関する資材とノウハウを提供します。 藍染の製品もあります。 その他にも、沢山そろえて行きます。

他のアカウント

« 染め液の手入れ その2 | トップページ | 染め液の手入れ その3 結果 »

2017年11月27日 (月)

灰づくり

 「灰」と一口に言いますが、これが日本には無い。なぜなら木を燃やす文化が無いに等しいからです。だから、灰汁で藍を建てているちゃんとした工房は、灰を手に入れるのに苦労をします。

 紺邑は昔、越前漆器の木地師の友人から栃の木の灰を頂いていました。それも「なんでこんなに使うの?」と言われるくらい。

 今は、自分で燃やしています。

20171125113752
 大きな安物のストーブでガンガンに燃やして灰を作る。
 それでも3~4日でこれくらいしかできません。

20171125164643
 一斗缶満杯にするには、一週間くらいかかる。

 二十年以上も前、札幌で本建てしていた女性は、「すくもは買えるけれど、灰は手に入らない」と嘆いていましたが、ネットを見ると、猫も杓子も「灰汁建て」をなさっている。
 どうやって灰を作っていることやら。

« 染め液の手入れ その2 | トップページ | 染め液の手入れ その3 結果 »

藍染め」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 灰づくり:

« 染め液の手入れ その2 | トップページ | 染め液の手入れ その3 結果 »