フォト

紺邑のホームページ

  • 紺邑のホームページ
    職人の手づくりのホームページです。 紺邑について、藍染めについての情報は、こちらをご覧ください。

ネットショップ

  • G.i-Japan
    藍染を始める方。藍染をなさりたい方もお訪ねください。藍に関する資材とノウハウを提供します。 藍染の製品もあります。 その他にも、沢山そろえて行きます。

他のアカウント

« 真に醗酵の藍染めの事 | トップページ | 帰還 »

2018年1月 9日 (火)

真に醗酵の藍染めの効用

 真に醗酵の藍染めは、原料の藍(すくも)に色が無くなった後、田畑の肥料として素晴らしい働きをします。これは、経験すれば分かります(石灰を使っていては良い土づくりは出来ません)。

 本建の染め液もまた、植物の肥料となるだけでなく、虫よけに使われる。その効用の素晴らしさも使ってみればわかります。

 本建の手入れ(維持管理)をしますと、染めている途中で廃液が出ます。

Haieki_0002攪拌した廃液。

Haieki_0005廃液を容器に移しているのは、マンゴウ農家の方。

 これに岩塩を少し入れて保存しますと、匂いも出ないし質の変化も起きません。

 この廃液を希釈してマンゴウの木に掛けると、これ以上ないというほど強い農薬を使わなくてはならない虫が寄り付かなくなります。この方の農園では、今では全くの無農薬でマンゴウを作っています。

 彼曰く「これ(藍の廃液)は素晴らしい農業資材です。特にビニールハウスで栽培している農家には」と言っています。

 土ももちろん有機栽培ですが、つっくたマンゴウの甘さが違って来た。ものすごく評判の良い美味しいマンゴウが出来始めています。

 真に灰汁で醗酵させた染め液ならでは効用ですが、たぶん、昔々の人たちは、作物を育てるのに使っていたのかもしれません。

« 真に醗酵の藍染めの事 | トップページ | 帰還 »

藍染め」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 真に醗酵の藍染めの効用:

« 真に醗酵の藍染めの事 | トップページ | 帰還 »