紺邑のホームページ

  • 紺邑のホームページ
    新しいホームページがオープンしました。紺邑について、藍染めについての情報です。

ネットショップ

  • G.i-Japan
    藍染を始める方。藍染をなさりたい方もお訪ねください。藍に関する資材とノウハウを提供します。 藍染の製品もあります。 その他にも、沢山そろえて行きます。

イベント情報

他のアカウント

フォト

« 浅葱 | トップページ | 日本と綿 »

2018年2月27日 (火)

浅葱裏 水浅葱

 「浅葱」の段で書いた源氏物語に出て来る「浅葱」は、絹織物。そうでないなら麻布に染められた色。何故なら、当時の日本には綿が無かったからです。江戸時代になるとそれは、主に綿織物になる。だから、同じ浅葱でも、たぶん色合いに違いがあろうかと思います。
 
 さて突然ですが、「粋」とか「野暮」という言葉は死語になりつつあるようです。それが行動の基準になるようなことが、今はなくなっちゃったみたいです。
 
 「野暮」の事を江戸時代は、「浅葱裏(あさぎうら)」といいました。
 
 参勤交代で田舎武士が江戸に出てくると、吉原なんかの色町に出向いて遊ぶ。その遊びが「野暮」で、彼等の着ている物の裏地が浅葱だったから、野暮なことを「浅葱裏(あさぎうら)」と呼ぶようになった。
 
 じゃぁ、粋な遊びというのはどういう物か。
 節度と恥を知りながら、バカになれるってことでしょうか。
 修行が要るけれど、恥を恥とする心がないと気づきません。
 
 これは私の独断として、浅葱には「*水浅葱」という色もある。浅葱の水色っぽいものだと思いますが、江戸時代は囚人の来ているものが水浅葱だった。だから、「あの人は水浅葱を着ていたんだぞ」と言えば、お上に捕まったことがある前科者という意味になるわけで、色というのは、その時代を現わしてもいます。
 
 ちなみに、九鬼周造の「いきの構造」によれば、いきな色というものがあって、それは鼠と茶と青なんだそうです(「いき」はまた、けっして「粋」という漢字ではないのだそうです)。

Photo
 
*印の文字は「水浅葱(みずあさぎ)」と書いています。色に凝ってみました(-_-;)

 

« 浅葱 | トップページ | 日本と綿 »

藍染め」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/194328/66466138

この記事へのトラックバック一覧です: 浅葱裏 水浅葱:

« 浅葱 | トップページ | 日本と綿 »