フォト

紺邑のホームページ

  • 紺邑のホームページ
    職人の手づくりのホームページです。 紺邑について、藍染めについての情報は、こちらをご覧ください。

ネットショップ

  • G.i-Japan
    藍染を始める方。藍染をなさりたい方もお訪ねください。藍に関する資材とノウハウを提供します。 藍染の製品もあります。 その他にも、沢山そろえて行きます。

他のアカウント

« 五輪エンブレムから「天半藍色」のことなど | トップページ | ジャパンブルーとは »

2018年3月25日 (日)

藍草の栽培と土づくり

 わが家の藍草は、無農薬で栽培しています。いわゆる堆肥も使わず、漢方の資材を使っています(これが前提で、以下です)。

 

Photo  
 江戸時代から、藍は阿波(現徳島県)のものが優れていて良いものだとされてきました。阿波は、吉野川の氾濫による肥沃な土地の存在の上に鰊粕などの、いわゆる金肥と言われるものを使って土づくりをしていたからです(阿波国藍作法)。それは江戸時代の昔から。
 20180327 「阿波国藍作法」は、明治31(1898)年に現わされた。この中で作者の吉川祐輝氏は、阿波で使用している肥料を、 ㈠、鰊粕 ㈡、大豆粕 ㈢、人糞尿 ㈣、鰮粕 ㈤、糠 ㈥、菜種粕 と紹介し、「最も普通に施用するは鰊粕なり」として、「(鰊粕は)施用上便利なるのみならず実業家は一般に実験上鰊粕にあらざれば品質の最優秀を期し難しとすればなり」と書いています。

 関東の利根川沿いで生産されていた武州藍(埼玉県)も、江戸時代から良い藍を育てる肥料として、必要な〆粕や干鰯を、利根川の中瀬河岸を利用することで手に入れていました(たぶん、日本中で土づくりが行われていたのだろうと思います)。

 このように、質の良い藍草を育てるには、土づくりが欠かせないものでした。

 質とは、藍の含有量や色合いや醗酵の具合や持続力など。藍草を育てる人々は、吉野川や利根川の氾濫による肥沃な土地に、金肥などを使って質の良い藍草を育てた。なぜそうしなければならないかと言えば、藍草は肥料食いで土を痩せさせ、連作が出来ないと云われるくらいなものだからです。そして、他産地との競争もあった。 
 
 
 藍草の栽培の目的は、藍染の原料作りです(最近は別の目的もありはしますが)。

 近頃は無農薬や有機栽培流行りで、「無農薬で育てました」、「有機栽培です」、という言葉があちらこちらに見えます。私の所に来て藍草を育てているという人たちも、皆さん、無農薬栽培をしている。中には無堆肥という人もいる。

 しかし、無農薬・有機・無堆肥で藍草をつくっても、それが質の悪い草では、つくったところで良い藍染の仕事は出来ません。つまり、元も子もないということです。昔から、日本で土づくりをして良いすくもを作る努力をしてきたには、上記したように、それなりの理由があるのです。

 

 紺屋(藍染屋)は、良い藍染という結果を求めます。その為に、良い“すくも”が欲しいだけですから、それが無農薬だろうと何だろうと拘りません。だから、私たちは「無農薬で育てています」という主張はしませんし、無意味ですらある。

 事実を云えば、専業農家のつくる藍草と、私たち素人がつくる藍草では、結果が全く違います。藍草の取れる量も色合いも持続力も違う。だから、私たちは作ってはいるけれど、まだまだ人に誇れるほどのものではありません。

 さて、無農薬で藍草を栽培していると主張して(農薬不使用栽培と彼らは言っている)藍染を始めた地方があります。私が伊勢丹新宿店6階で展示会をしているときに、7階で大きなイベントをしていたので「面白いな」と思い、「何か協力し合えれば良いな」と思って行ってみました。

 展示している藍染を見ると、色合いがどうにも黒い。私には藍染には見えません。
 妙だなと思ったら、会場の壁一杯に化学式が書いてあって、還元剤を使った化学建てをしていました。無農薬で育てた藍草をすくもにせずに、粉末化して藍染めの原料にしているから、醗酵させられないのでしょう。

 これでは、無農薬で栽培した植物を、添加物をたっぷり使い、化学調味料で調理をした料理みたいなもので(本当はもっと酷い)、なにも意味がありません。
 その地方には、私の藍建てをして本染めをしている人が一人います。彼にその藍の話をすると、ちゃんとわかっていました。残念ながら、参考にもなりませんし、協力し合う事もできません。

 言葉は便利です。知識のない人は、「無農薬栽培」という言葉に踊らされる。「天然藍」とか「天然藍染」という言葉も然り。その意味と実態と結果はどうかと言うことを知らなければなりません。

« 五輪エンブレムから「天半藍色」のことなど | トップページ | ジャパンブルーとは »

藍染め」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 藍草の栽培と土づくり:

« 五輪エンブレムから「天半藍色」のことなど | トップページ | ジャパンブルーとは »