紺邑のホームページ

  • 紺邑のホームページ
    新しいホームページがオープンしました。紺邑について、藍染めについての情報です。

ネットショップ

  • G.i-Japan
    藍染を始める方。藍染をなさりたい方もお訪ねください。藍に関する資材とノウハウを提供します。 藍染の製品もあります。 その他にも、沢山そろえて行きます。

イベント情報

フォト

« 合成藍の藍染め | トップページ | 藍染の色落ちと色移り »

2018年4月13日 (金)

合成藍(インディゴ・ピュアー)とは

 現在、日本を含め、世界の藍染めの主流は、合成藍(インディゴ・ピュアー)による藍染めです。

 では、合成藍とはいかなるものか?
 これが割合知られていません。 
 合成藍、または人造藍は、インディゴ・ピュアーのことですが、この「ピュアー」という言葉に惑わされている事もある。「純粋」という美しい日本語に訳されていますから。
 
 先ずは、下の図をご覧いただきたい(このチャートは私が作ったものですから、無断使用はご遠慮願います。責任が取れませんから。)
Photo_5

 イギリスの製鉄業は、16世紀ごろ盛んになり、鉄を溶かすエネルギー源として木炭が使われていました。

 製鉄技術が改良されてゆくと、エネルギ源の木材が不足するようになります。

 当時石炭は、家庭用などで使われていましたが、石炭に含まれる硫黄分が鉄に悪影響を与えるために、製鉄には使うことが出来ませんでした。

 これを利用しようとして、18世紀の初め、ダービーという人が石炭からコークスを抽出。息子のダービー二世が、18世紀の中頃にそれを広め、生産性の著しい向上が図られ、蒸気機関などの機械化が進み、産業革命へと繋がることになります。
 
 石炭からコークスを抽出した後に、コールタールという副生成物というかゴミのようなものが出現しました。

 これは何か?と分析して調べてみたら、インディゴが入っていいた。そして作られたのが「インディゴ・ピュアー」です。
 藍(インディゴ)の含有量が、ほぼ100%なので、「ピュアー」と名付けられたようです。

 藍草の葉に含まれる藍の含有量(藍分)は、3%~5%と言われています。大量生産に向きません。
 
 人類はこれまで、水に溶けない藍を醗酵によって可溶性に変えてきた。これは、面倒な手間と熟練した技術を必要とした。これもまた、大量生産に向きません。

 そこに100%の藍が出現し、それを可溶性にする技術(化学建て)も開発され、藍染めが簡単に大量に生産されるようになりました。

 インディゴ・ピュアーは世界中を席捲し、植物由来の藍染めを亡ぼして今があります。

 日本には明治30年頃輸入され、世界と同じように藍草の藍染めは直ぐに滅ぼされ、今に続いています。
   
 
 追記
 なお、インディゴ・ピュアーの写真はネット上から頂きました。こういうカンで販売しているようです。
 「ピュアー・インディゴ」なる造語も、様々なところで見受けられますが、「インディゴ・ピュアー」をご存じないのかもしれません(藍染に関する記述は、こういういい加減さが目につきます)。


 

« 合成藍の藍染め | トップページ | 藍染の色落ちと色移り »

藍染め」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/194328/66605461

この記事へのトラックバック一覧です: 合成藍(インディゴ・ピュアー)とは:

« 合成藍の藍染め | トップページ | 藍染の色落ちと色移り »