紺邑のホームページ

  • 紺邑のホームページ
    新しいホームページがオープンしました。紺邑について、藍染めについての情報です。

ネットショップ

  • G.i-Japan
    藍染を始める方。藍染をなさりたい方もお訪ねください。藍に関する資材とノウハウを提供します。 藍染の製品もあります。 その他にも、沢山そろえて行きます。

イベント情報

フォト

« 合成藍(インディゴ・ピュアー)とは | トップページ | 徳島と貝灰 »

2018年5月 5日 (土)

藍染の色落ちと色移り

 数十年言い続けていますが、本来藍染めは、いわゆる染色堅牢度に優れたものですから、色落ちも色移りも全く心配いりません。他のものと一緒に洗濯して、なんら差支えがないもの。

 しかし、大抵の藍染めが色落ちして色移りする。だから、洗濯表示には、単独で洗えとか他のものと一緒に洗うなとか書いてあります。

 「本藍染め」と称して「色移りしない」と言っている藍染も、よく読むと「最初は単独で手洗い」などと書いてあるものもある。

 それらは、本来の藍染めではないという事になります。

20180505_2
(上記の表は、某所で私の藍染めの堅牢度を抜き打ちで検査したものです。「全ての堅牢度で当社基準以上のもの」という結果でしたが、担当者は「信じられません」と言っておりました。)
 

 何故色落ちと色移りの心配はないかというと、それが藍染めの本来の性質だからです。その「本来の性質」を、素直にそのまま生かす染め液の作り方をすればよいのです。それが「本建て」です。

 色落ちをしないようにするには、本来の藍染めの性質を生かす染め方をすればよい。それが「正藍染」です。

 これが世の中にあまりありません。だから、藍染が勘違いされる。

« 合成藍(インディゴ・ピュアー)とは | トップページ | 徳島と貝灰 »

藍染め」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/194328/66685247

この記事へのトラックバック一覧です: 藍染の色落ちと色移り:

« 合成藍(インディゴ・ピュアー)とは | トップページ | 徳島と貝灰 »