フォト

紺邑のホームページ

  • 紺邑のホームページ
    職人の手づくりのホームページです。 紺邑について、藍染めについての情報は、こちらをご覧ください。

ネットショップ

  • G.i-Japan
    藍染を始める方。藍染をなさりたい方もお訪ねください。藍に関する資材とノウハウを提供します。 藍染の製品もあります。 その他にも、沢山そろえて行きます。

他のアカウント

« 日本のサッカー 雑感 | トップページ | 日本のサッカー雑感 その3 »

2018年6月30日 (土)

日本のサッカー 雑感その2

 「過去を知らないで、何故未来を語ることが出来るのか。そう若い人たちに言いたい」トニー・ベネット

【日本のサッカー 雑感その2】

 本来の日本サッカーの曙は、戦前のベルリンオリンピックで優勝候補のスウェーデンを破ったことだった。これで日本のサッカー文化が始まると思った矢先に、戦争がはじまり、予定されていた東京オリンピックは中止された。 
 再び日本でサッカーが思い起こされるには、戦後の東京オリンピックまで待たなければならなかったという長い道のりがある。

 そしてメキシコオリンピックで銅メダルを取るという偉業がなされた。

 何故日本サッカーが今に生き延びてきたか。勿論、サッカーに携わった人々の熱意があったからだろうが、何故彼らに熱意があったかと言えば、ベルリンオリンピックの選手たちの奮闘や努力があって、そこに感動があったからに違いない。

 日本人は過去を振り返って生きてきたが、現代の日本人は振り返ろうともしない。だから、今、何故サッカーが日本にあるかということも知らない。そこに、数々の感動があったことも。

 事やモノにある大切なことは何か?
 「大切な事」とは、万物に通じるものだと私は思う。子育てにも、もちろん藍染めにも、サッカーにも、諸々にだ。

 対ポーランド戦の戦い方が罪深いのは、この「大切なこと」を失ったことだ。日本に今サッカーがあるという理由、先人たちの築いてきた歴史を、感動を失ったことだ。それこそ「大切な事」ではないか。

« 日本のサッカー 雑感 | トップページ | 日本のサッカー雑感 その3 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 日本のサッカー 雑感その2:

« 日本のサッカー 雑感 | トップページ | 日本のサッカー雑感 その3 »