フォト

紺邑のホームページ

  • 紺邑のホームページ
    職人の手づくりのホームページです。 紺邑について、藍染めについての情報は、こちらをご覧ください。

ネットショップ

  • G.i-Japan
    藍染を始める方。藍染をなさりたい方もお訪ねください。藍に関する資材とノウハウを提供します。 藍染の製品もあります。 その他にも、沢山そろえて行きます。

他のアカウント

« 日本のサッカー 雑感その2 | トップページ | サッカーW杯 »

2018年7月 1日 (日)

日本のサッカー雑感 その3

 1968年、日本は厳しい予選を勝ち抜き、メキシコオリンピックに出場した。この動画の日韓戦だけでなく、フィリピン戦などは、エース杉山は左腕を痛めて包帯で釣りながら決勝点を挙げた。

 メキシコオリンピック サッカー一次リーグ

 日本のグループBは、ナイジェリア、ブラジル、スペインという強豪国揃いの中、予選を突破。

 準々決勝はフランスに勝ち、準決勝はハンガリーに破れ、最後は地元メキシコと三位決定戦に臨んだ。

 日本優勢の中、終了近くになると、日本の健闘を称え、地元メキシコの観衆が皆日本を応援しだした。今でもある「ニッポン チャチャチャ」という手拍子は、この時のメキシコ人の応援から始まった。

 結果はメキシコに勝ち、堂々の銅メダル獲得。そして、この時から始まった最初のフェアープレー賞も日本が獲得した。

 「君たちのやったことの結果が出たのだ。メダルとかそういうことじゃない。やったことの結果が出たんだ。だから銅を取れた。」と言われたと、7点を取って得点王になった釜本は言う。

 選手達は表彰式後、宿舎に帰ると、体を震わせ高熱を発して全員倒れてしまった。クラマーはそれを「サムライを見た」といった。体力と精神力を使い果たしていたのだ。

 だから、日本代表はサムライと呼ばれる。
 日本代表の「サムライ」とは、こういうことを言うのだ。

« 日本のサッカー 雑感その2 | トップページ | サッカーW杯 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 日本のサッカー雑感 その3:

« 日本のサッカー 雑感その2 | トップページ | サッカーW杯 »