フォト

紺邑のホームページ

  • 紺邑のホームページ
    職人の手づくりのホームページです。 紺邑について、藍染めについての情報は、こちらをご覧ください。

ネットショップ

  • G.i-Japan
    藍染を始める方。藍染をなさりたい方もお訪ねください。藍に関する資材とノウハウを提供します。 藍染の製品もあります。 その他にも、沢山そろえて行きます。

他のアカウント

« 冬夜独居 大木実 | トップページ | 近況雑感 »

2018年11月29日 (木)

寄付集めの広告

 インターネットを覗くと、またぞろ寄付集めの広告を見る。なんで広告を打つのか、その神経が私には理解できない。

 私のボランティアの始まりは、青少年赤十字団(JRC)に入団して、高校の時に団議長などを務めたことに始まる。そんなことは偉いことじゃなくて勝手な事だけれど、それ以来色々やった。

 やらなかったことはただ一つ、お金集め。赤い羽根を含めて寄付を募ること。理由は、使い道が明確でないことに他人様の金を集められないというただ一点。金を使えないなら別のことをすればいいのだから、色々やった。

 広告を打つには制作費やらなにやらと経費が掛かる。ホームページの制作だって同じ。それをボランティアですれば全てが寄付に回る。ボランティアや人を救うための寄付集めなら、そうするのが当たり前だと私は思う。経費が掛かるなら節約する。例えば事務所を持たなければならないなら、金のなるべくかからないところにする。ちっちゃなアパートの一室で何が悪い。港区青山のビルを借りるなんてのは以ての外だ。

 寄付をするのは勝手で自己責任だから、するなと云うわけじゃない。しかし、人に勧めるものじゃない。それが、私が言いたいこと。

 私は広告代理店のようなこともやったからよくわかるが、寄付金で広告費が出るなんてのはおいしい仕事。そんなことに他人様の善意を利用することは、私には出来ません。

 という、長い独り言なり。

 
 追伸
 私はJRCだったけれど、日本赤十字の寄付金対応は素晴らしいと思う。そのかわり、ホームページの報告もそっけないほど金が掛かっていない。それでいいのだ。

<義援金は ”全額” 被災された方々へ>
http://www.jrc.or.jp/contribute/gienkin/?fbclid=IwAR2tEz92y4uvk5_H8bq14x1LkQOmYYJVUjWzwFfd90xB0HBsLPQNz0TFZKM

« 冬夜独居 大木実 | トップページ | 近況雑感 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 寄付集めの広告:

« 冬夜独居 大木実 | トップページ | 近況雑感 »