フォト

紺邑のホームページ

  • 紺邑のホームページ
    職人の手づくりのホームページです。 紺邑について、藍染めについての情報は、こちらをご覧ください。

ネットショップ

  • G.i-Japan
    藍染を始める方。藍染をなさりたい方もお訪ねください。藍に関する資材とノウハウを提供します。 藍染の製品もあります。 その他にも、沢山そろえて行きます。

他のアカウント

« 藍染めの悩み 雑感 | トップページ | 冬夜独居 大木実 »

2018年11月25日 (日)

足利のソースカツ重

 最近、大腸の調子が劇的に良くなってきたと思い込んだ。そこで、横浜の「揚子江」には行けなくとも、足利なら良いだろうと、お昼を食べに、息子と二人で出張ってきた。
 

 場所は「きよ水」。通り2丁目、足利のど真ん中。

 

Dscf1164  

 ソースかつ丼と言えば桐生の「志多美屋」で、それも「相生支店」が良いと私が言ったら、わざわざ相生に行った友人が、「私は足利の『きよ水』の方が合う」とFBに書いたので、いつか行こうと思っていた小料理屋さん。いかにも足利らしい、落ち着いた良い雰囲気のお店。
 入った途端に、「ソースカツ重がお勧めですよ」と女将さん。こちらも直ぐに、「それをお願いします」ととんとん拍子。


Dscf1166
 
  感想を云へば、美味かったなぁ。

 肉(ヒレ)も良し、上げ具合もこれ以上は無いというほどにカラッと揚げられて、ご飯も炊きたてで、お味噌汁はしっかりと出汁がとられていて三つ葉も良い香りで、漬物はぬか漬けの上物で、その上に素晴らしいのはお茶が美味しかった。ただ、ソースが少し甘い。それが良いという人が多いらしいけれど、それは好みの問題ですから、云う事なしの美味しいカツ重でした。吉谷さん。

 さて帰り道、足利に行って食事をとるのは無理だという事態になって、苦しみながら帰宅。それから今まで苦しんだ。夜になってもう大丈夫だけれど、まだ早かったな。もう少しだな。

« 藍染めの悩み 雑感 | トップページ | 冬夜独居 大木実 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 足利のソースカツ重:

« 藍染めの悩み 雑感 | トップページ | 冬夜独居 大木実 »