フォト

紺邑のホームページ

  • 紺邑のホームページ
    職人の手づくりのホームページです。 紺邑について、藍染めについての情報は、こちらをご覧ください。

ネットショップ

  • G.i-Japan
    藍染を始める方。藍染をなさりたい方もお訪ねください。藍に関する資材とノウハウを提供します。 藍染の製品もあります。 その他にも、沢山そろえて行きます。

他のアカウント

« 染め液の維持管理とpHについてなど | トップページ | 藍染と天然 »

2018年11月20日 (火)

淡路島の弟子と「芭蕉」と

 淡路島で、藍草の栽培、すくもづくり、藍建て(本建て)、藍染め(正藍染め)を一貫してしている五期生の根岸君が来工。私の元気そうな様子を喜んでくれた。

Dscf1153
 五期は、昨年の4月の終わり、手術直後に開催された。癌のステージ4と言われ、死ぬ覚悟で臨んだ講習会でしたから、他の講習会とは趣が異なります。私の言葉は、いわば遺言だった。

 小さな染め場にマイクを持ち込まなければ、私の声は聞こえなかったくらいに弱弱しく、終始車椅子にすわり、疲れると2階で休むという体たらく。体重は46㎏で骨川筋衛門。生気もなく、死相が現れていただろうと思う。

 講習会の最後に、私は力を振り絞って講話をした。内容は今と変わらないだろうけれど、そんな状態で遺言をしているようなものだったから、みんな泣いていました。
 あれから1年半経って、ちゃんと話せる私を初めて見て、「あぁ、先生はこんな声をしているんだなぁ」と思ったらしい。無理もない。

 2期生の齋藤さんが付き合ってくれたけれど、話の流れで桐生市の「芭蕉」というレストランで夕食。



Dscf1154

Dscf1155
 その雰囲気はクリエイターにはたまらないもの。フルーティストの赤木りえを連れて行ったときは「1日中ここで作曲していたい」と言わしめた。デニムの齋藤さんも、相当刺激を受けたことだろう。

 5期生の皆さん、私はこんなに元気になりました。

« 染め液の維持管理とpHについてなど | トップページ | 藍染と天然 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 淡路島の弟子と「芭蕉」と:

« 染め液の維持管理とpHについてなど | トップページ | 藍染と天然 »