フォト

紺邑のホームページ

  • 紺邑のホームページ
    職人の手づくりのホームページです。 紺邑について、藍染めについての情報は、こちらをご覧ください。

ネットショップ

  • G.i-Japan
    藍染を始める方。藍染をなさりたい方もお訪ねください。藍に関する資材とノウハウを提供します。 藍染の製品もあります。 その他にも、沢山そろえて行きます。

他のアカウント

« 染色の存在理由 | トップページ | 醗酵の藍建ての合理性 »

2018年12月17日 (月)

色と美と感動

 今日は「感動」と言う話を講習生にした。教えたのではない。色彩の「美」と「心の動き」について、私の考えを話しただけだ。そこには、藍染の色も、いわゆる草木染の色も含まれるはずだと。

 「感動」が人を変える力を持つことは、藍染めに関わった経験が教えてくれる。それは、工芸や芸術の存在する意味と言えるものでは無いか。意味も無ければ、人類はそういう物を継承していないだろうし追及もしてこなかったろう。では、その心の動きを分析で分かることが出来るのだろうか。その量を測ることが出来るだろうか。そこに、心理学という科学の問題があるように私は思って来た。

 その辺りを深く考察しているのが小林秀雄だ。彼はこう述べている。

 《心理学が非常に発達し、その自負するところに従えば、人心の無意識の暗い世界も次々に明るみに致される様子であるが、だが、そういう探求が、人心に関する私たちの根本的な生活態度を変えるはずがない。変えるような力は、心理学の仮説に、あろうとも思えない。私達は、人の心はわからぬもの、と永遠に繰返すであろう。》

 そして、「何故か。」と続くのだが、私も経験からそう思う。
 そこで小林は、こう続ける。

 《未経験者は措くとして、人の心はわからぬものという経験者の感慨は、努力次第で、いずれわかる時も来るというような、楽天的な、曖昧な意を含んでいない。》(文藝春秋昭和36年1月 忠臣蔵Ⅰ)

 人間の世界に「色」があり、「美しい色」があり、そこに「美」という普遍性があるから感動するのではないか。藍染めも草木染めも然りと、私は思う。そう言う話しをした。

  色には美しくないものもある。汚い色もあるはずだ。人はそれに、感動することがあるのだろうか。もしあるとして、その感動とは何なのか。それを心理学でわかり計ることが出来るとは、私の経験は、ないという。では現在、汚い色を美しいと言い、感動したともいう人たちがいるとして、それは何故だというのだろうか。

« 染色の存在理由 | トップページ | 醗酵の藍建ての合理性 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 色と美と感動:

« 染色の存在理由 | トップページ | 醗酵の藍建ての合理性 »