紺邑のホームページ

  • 紺邑のホームページ
    新しいホームページがオープンしました。紺邑について、藍染めについての情報です。

ネットショップ

  • G.i-Japan
    藍染を始める方。藍染をなさりたい方もお訪ねください。藍に関する資材とノウハウを提供します。 藍染の製品もあります。 その他にも、沢山そろえて行きます。

イベント情報

他のアカウント

フォト

« 地獄建て | トップページ

2019年1月 9日 (水)

出逢い

 先に紹介した藍の「地獄建て」をしているのは、会社にお勤めの女性。東京のマンション暮らしだけれど、本染めを、お部屋でこれからなさって行く。仕事になさるかどうかは、ご本人次第。お若いから、まだまだ先がある。
 その他、様々な人がこの藍染め・正藍染めをお始めだ。昨日相談されたのは、歯医者さん。形成外科医もいらっしゃる。
 
 カルチャーセンターで藍染めを教わり、それを家で建てて楽しんでいた専業主婦がいた。しかしご主人が、「教室が終わったら藍染めは辞めてくれ。臭くてたまらない」とおっしゃる。藍染めが大好きなので悩んでいる時に、私の何かの記事をお読みになり、講習会にいらした。今、ご主人が嬉々として手入れを助けてくださっているとのこと。臭くありませんから。
 
 中にはプロフェッショナルな染色家が、それも藍染めをおやりになっている方が講習会に参加なさっている。それは、藍染の本質的な事に気づいたからなのだと、私は思います。
 では、藍の本質的な事とは何か?それをお伝えしているのが「藍建て講習会」なのです。
 
 さて、本建て・地獄建てによる正藍染をする、出来る人たちが、今年中に100名を超すでしょう。彼らは日本だけでなく、海外にも広がりつつある。そして、藍染の本質に気づく人たちも増えるに違いありません。そうなれば、私はもう本望なのです。
 
 しかし、私の所に来ているのに気が付かない人たちがいる。彼らは何かに邪魔されているのだと私は考えています。その「何か」とは、「縁」というものだとも。
 
 私の畏敬する相田みつをさんは、「その時の出逢いが人生を根底から変えることがある 良き出逢いを」と書いた。

 
Photo

 良き出逢いがあったとしても、気づかなければ良き出逢いとはならない。
 出逢いは人生を根底から変えることがあるのだから、「良き出逢いを」と相田さんは言う。しかし、それが「悪しき出逢い」だったらどうなるというのか。それが「縁」。
  
 相田さんの言葉は、優しいようだけれど、怖いと私は思う。それこそ、本質をついているからだと。
 
 だけど相田さんは、「つまづいたっていいじゃないか にんげんだもの」ともいう。これは苦労人相田みつをの優しさかな。救いが無ければ仏の教えじゃありませんから。
 
Photo_2  こんなことを書くのも二度目。
 本当のことが広がると、嘘がバレる。
 バレた時、嘘ごとは、ただただ虚しいものとなる。多分、人を騙していた分、もっと酷い事になるだろう。
 「気づけ!」と、秘かに私は言っているのです。
 

« 地獄建て | トップページ

藍染め」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/194328/67572888

この記事へのトラックバック一覧です: 出逢い:

« 地獄建て | トップページ