フォト

紺邑のホームページ

  • 紺邑のホームページ
    職人の手づくりのホームページです。 紺邑について、藍染めについての情報は、こちらをご覧ください。

ネットショップ

  • G.i-Japan
    藍染を始める方。藍染をなさりたい方もお訪ねください。藍に関する資材とノウハウを提供します。 藍染の製品もあります。 その他にも、沢山そろえて行きます。

他のアカウント

« 地獄建て 生きる喜び | トップページ | 青山二郎と民芸運動 »

2019年1月25日 (金)

「どんな世界も同じ」 徒然草から

 徒然草をつれづれなるままに読むと、まことに面白いことばかり。それは、書いた吉田兼好が、官職を辞して洛北に引込み、自由にものを考え、気兼ねなくものが書けるような身分を得たからだと、小林秀雄は書いています。若い時分には充分味わえぬ文書が沢山あると。
 
 その第百五十段をたまたま読みました。我々芸事にたずさわる者にとって、とても重要なことが表されていると思います。
 
 《能(のう)をつかんとする人、「よくせざらんほどは、なまじひに人に知られじ。うちうちよく習ひ得て、さし出でたらんこそ、いと心にくからめ」と常に言ふめれど、かく言ふ人、一芸も習ひ得ることなし。
 
 未だ堅固かたほなるより、上手の中に交りて、毀(そし)り笑はるゝにも恥ぢず、つれなく過ぎて嗜(たしな)む人、天性、その骨(こつ)なけれども、道になづまず、濫(みだ)りにせずして、年を送れば、堪能(かんのう)の嗜(たしな)まざるよりは、終に上手の位に至り、徳たけ、人に許されて、双(ならび)なき名を得る事なり。
 
 天下のものの上手といへども、始めは、不堪(ふかん)の聞えもあり、無下(むげ)の瑕瑾(かきん)もありき。されども、その人、道の掟(おきて)正しく、これを重くして、放埒(はうらつ)せざれば、世の博士にて、万人の師となる事、諸道(しょだう)変るべからず。》
  
 「芸能を身につけようとする人は、『下手なうちは、なまじ人に知らせず、内々によく習い覚えてから芸を披露するのが奥ゆかしくて良い』などと、人のよく言う所だけれど、こんな事を言う人は、一芸も習い得ることはない。
 
 まだ芸が未熟なうちから上手に交ざって、嘲笑されても恥ずかしがらず、平気でやり通して行く人が、才能や素質が無くても、芸の道を踏み外すことも無く、我流にもならず、時を経て、器用なのかもしれないが不勉強なのよりは、かえって上手になり、徳もおのずとそなわり、人にも許されて、無双の名声を得ることがあるものだ。
 
 天下に知れた上手であっても、始めは下手だとなじられ、酷い欠点もあった。しかし、その人が、芸の教えを正しく学び、尊重し、身勝手をつつしんだからこそ、世の物知りとなり、万人の師となった。どんな世界も同じだ。」
  
 如何でしょうか。身につまされます。

« 地獄建て 生きる喜び | トップページ | 青山二郎と民芸運動 »

歴史」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「どんな世界も同じ」 徒然草から:

« 地獄建て 生きる喜び | トップページ | 青山二郎と民芸運動 »