フォト

紺邑のホームページ

  • 紺邑のホームページ
    職人の手づくりのホームページです。 紺邑について、藍染めについての情報は、こちらをご覧ください。

ネットショップ

  • G.i-Japan
    藍染を始める方。藍染をなさりたい方もお訪ねください。藍に関する資材とノウハウを提供します。 藍染の製品もあります。 その他にも、沢山そろえて行きます。

他のアカウント

« 出逢い | トップページ | 藍染の世界と徒然草 »

2019年1月21日 (月)

学問

 人生晩年になって、何の因果か古典を読む羽目になっている。今机の上にあるものを言えば、「古事記」「徒然草」「枕草子」だ。その上に、大野晋さんの日本語についての本が混じる。

 そしてあるのは、「私には学問が無いな」という感慨だ。何を読んでも歯がゆい事ばかりだ。本居宣長は「うひやまぶみ」で、学問を始めるのに早いも遅いもないと言っていることが救いだけれど、歯がゆい事には違いが無い。

 大野晋さんは、日本語をさかのぼり、やまと言葉から古代日本の世界像を見る。その中で、宮中の女性たちの「もの」という言葉の使い方で、紫式部と清少納言の性格の違いまで語る。そんなものを読むと、げに学問とは恐ろしいものだと感じ、己の無学を歎く破目になるわけだ。

 歎いても仕方ないから、宣長の教えの通り、あっち読み、理解できなければこっち読み、またあっちを読み返しなんてことをしながら、つれづれに古典を読んでいる今日この頃という独り言でござい。

« 出逢い | トップページ | 藍染の世界と徒然草 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 学問:

« 出逢い | トップページ | 藍染の世界と徒然草 »