フォト

紺邑のホームページ

  • 紺邑のホームページ
    職人の手づくりのホームページです。 紺邑について、藍染めについての情報は、こちらをご覧ください。

ネットショップ

  • G.i-Japan
    藍染を始める方。藍染をなさりたい方もお訪ねください。藍に関する資材とノウハウを提供します。 藍染の製品もあります。 その他にも、沢山そろえて行きます。

他のアカウント

« 藍染めの常識(殺菌作用と抗菌作用について | トップページ | 藍と渋沢栄一 »

2019年4月10日 (水)

灰汁(あく)作り

 藍染の染め液は、灰汁を使います。蒅(すくも)と灰汁だけです。日本酒、ふすま、石灰などを入れることはありません。灰汁で建てるから「灰汁建て」です。それを「本建て」とも「地獄建て」とも言います。

 「灰汁(あく)」とは、堅木を燃やした灰に水かお湯を入れ、激しくかき混ぜ、一日二日放って置いて、灰が沈んだ後の上澄み液を云います。
 
 日本人が灰汁を使わなくなって久しいですから、灰や灰汁の正しい作り方が伝わっていないようです。手元にある昭和50年代に書かれた藍染に関する論文も、勘違いしている。曰く「灰汁は茶色」だと。茶色の液で美しい藍染をすることは難しい。だから、限りなく無色透明な灰汁作りをする。良い水で良い灰汁を取り、使わなければ、蒅(すくも)と灰汁だけで醗酵させることは難しくなります。

Dscf0092_2
 写真は、講習会で取った一番灰汁(最初に取った灰汁)です。
天井が写るくらいに澄んでいますが、とても強い灰汁です。

 藍建ては蒅と灰汁。良い灰汁を作ることが肝心です。それは、植物を原料とする染め全てに言える事。

« 藍染めの常識(殺菌作用と抗菌作用について | トップページ | 藍と渋沢栄一 »

藍染め」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 藍染めの常識(殺菌作用と抗菌作用について | トップページ | 藍と渋沢栄一 »