フォト

紺邑のホームページ

  • 紺邑のホームページ
    職人の手づくりのホームページです。 紺邑について、藍染めについての情報は、こちらをご覧ください。

ネットショップ

  • G.i-Japan
    藍染を始める方。藍染をなさりたい方もお訪ねください。藍に関する資材とノウハウを提供します。 藍染の製品もあります。 その他にも、沢山そろえて行きます。

他のアカウント

« ライブのお知らせ | トップページ | 言霊 »

2019年5月27日 (月)

マンゴー栽培と藍染

 私の工房のある町の近くに、群馬県太田市がある。其処で南国の果物・マンゴウを育てている若者がいる。その農園を「やなぎた園」という。
 全くの無農薬栽培。農薬を使っていた頃は、虫との闘い。体が農薬まみれになって悩んでいた時に、漢方農法に出会った。
 今は草もめったに刈らず、生え放題だが、虫の害はない。殺すのではない。虫が来なくなるのだ。虫は下の雑草にたかっている。
 土はフカフカ。ミミズや有益な虫がいっぱい。だから余計な堆肥もいらない。
 
 一番大切なことは、味と収穫量。
 
 評判良くて直ぐに売れ切れるようになった。レストランのシェフなどのプロにも喜ばれている。収穫量は、無農薬にしてから木を増やさずに、今年は1000個は増えるだろうと言う。
 
 その「やなぎた園」がホームページを作った。「やなぎた園について」をクリックするとその下に「お世話になっている専門家の方々」とあって、私が出てくる。
 
Yanagita
 「やなぎた園」では、マンゴウ栽培に藍染の廃液を利用している。
 
 私の染め液は、手入れをするときに、時々間引くことがある。それが藍の廃液。それを500倍くらいに薄めてマンゴウの木に塗ったり掛けたりすると、病気に強く、虫が寄らず、紫外線を防ぎ、土が豊かになる。
 
 藍染の染め液なら何でもよいというわけではない。石灰を使わず、余計な有機物も使わず、昔ながらの正藍染の染め液ならではの効果があるのだ。
 
 こういう事実が、これからの農業にヒントを与えて呉れるはずなのだけれど、慣行農法の化学肥料と農薬を使い慣れた人たちは、感じる感性に乏しいようで(いわゆる有機農法の人達も同じ)、事実さえ理解できない。漢方農法の星野先生も私も、それに直面してそろそろ30年になる。

« ライブのお知らせ | トップページ | 言霊 »

藍染め」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ライブのお知らせ | トップページ | 言霊 »