フォト

紺邑のホームページ

  • 紺邑のホームページ
    職人の手づくりのホームページです。 紺邑について、藍染めについての情報は、こちらをご覧ください。

ネットショップ

  • G.i-Japan
    藍染を始める方。藍染をなさりたい方もお訪ねください。藍に関する資材とノウハウを提供します。 藍染の製品もあります。 その他にも、沢山そろえて行きます。

他のアカウント

« 藍建て講習会 雑感 | トップページ | 足利の藍染師 »

2019年6月16日 (日)

晴耕雨読

 今日は久々に、晴れて暑くなるという。

 私の理想の老後は、「晴耕雨読」だった。その為に藍染めを始めたといっても過言ではないけれど、これは大いに幻想で、実生活は甘くはない。

 それにしても時間の経過が早い。次々にやらなければならないことがあって、それが直ぐに来る。やはり老年なんだろうな。

 時間には物理的な経過と経験という経過があるようだ。子供の時間は全てが新しい経験だから、その一つ一つに発見があり、感動があるから長く、大人になるとそれが無くなり短い、という説を読んだことがあるような気がするが、その通りだろう。

 五十歳をゼロ歳として、七十歳を成人と私はして生き直してみた。そうすると今は十八歳。青春真っただ中のはずだが、やはり、すれっからしになってる自分が居る。一つ一つの経験の感動が薄いのかもしれないが、何もないよりは良いか。

 経験を積むことは個人的な事だが、経験を伝えられれば社会的な事になる。お釈迦様を持ち出してはもったいないけれど、悟りは個人的な事で、悟りを教え広めてこそ仏陀となったわけでね。

 この年になって思う事は、人様のお役に立てるかどうかで、少しでもそうありたいとの願いはある。それが、生まれてきた甲斐、役割、喜びじゃないかと。

 正藍染という経験を積み、それを伝えていることは、私の人生にとっては何よりだったに違いない。

 藍建て講習会を終えて、ちょいと感慨に耽ってみた。毎回魂が空っぽになったような気がして、充電中の感慨なり。

Dscf0057
私の話を聞いてくれている講習生たち。
お疲れさまでした。
感謝。

« 藍建て講習会 雑感 | トップページ | 足利の藍染師 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 藍建て講習会 雑感 | トップページ | 足利の藍染師 »