フォト

紺邑のホームページ

  • 紺邑のホームページ
    職人の手づくりのホームページです。 紺邑について、藍染めについての情報は、こちらをご覧ください。

ネットショップ

  • G.i-Japan
    藍染を始める方。藍染をなさりたい方もお訪ねください。藍に関する資材とノウハウを提供します。 藍染の製品もあります。 その他にも、沢山そろえて行きます。

他のアカウント

« めんめん街道 | トップページ | 阿波藍と本藍と地藍と »

2019年8月 5日 (月)

染め斑(むら)

 最近、アパレル関係のデザイナーやバイヤーが工房にいらっしゃり、様々に打ち合わせをしています。
 彼らは数年前、わが家で藍染をして、それを自らが着て使い、色の変化、堅牢度などを確かめてきた人達。
 それらを確認したうえで、正藍染を扱いたいとおっしゃる。ありがたいことです。

 ある人は、「わが社の洗濯表示を変えなくても良いのがありがたいです」とおっしゃる。つまり、他の物といっしょに洗っても、色移りが無いという事。それは、自分で染め、自分で使って、経験してきた事ですから。

 染め斑についても問い合わせがあります。私の答えは、「斑が出ないように染めるのが職人の仕事です」と、あるデザイナーの注文の厳しさについて実際のところを語ります。そうすると、彼らは安心する。

 染め斑は、何も藍染めに限った問題じゃありません。どんな染色でもあること。それを無いように染めるのが職人の仕事です。

 こういうことを書くと、自分が苦しくなる。大変になる。努力が要るようになる。
 しかし、そうしようとする行動が、腕を上げさせる。だから職人はそうする。

 「藍染には独特の斑がある」と云い、斑があるのが藍染めの特徴だというのは、ただの甘え。消費者は、それを良く知らなければなりません。

« めんめん街道 | トップページ | 阿波藍と本藍と地藍と »

藍染め」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« めんめん街道 | トップページ | 阿波藍と本藍と地藍と »