フォト

紺邑のホームページ

  • 紺邑のホームページ
    職人の手づくりのホームページです。 紺邑について、藍染めについての情報は、こちらをご覧ください。

ネットショップ

  • G.i-Japan
    藍染を始める方。藍染をなさりたい方もお訪ねください。藍に関する資材とノウハウを提供します。 藍染の製品もあります。 その他にも、沢山そろえて行きます。

他のアカウント

« 2019年8月 | トップページ | 2019年10月 »

2019年9月

2019年9月25日 (水)

【天日干し】日傘用シルク生地の藍染。

 日傘は天日に当てるものだから、天日に強い藍染でなくてはならない。その為には染めては洗い、洗っては天日干しを何度も繰り返す。一日に二回染められれば良し。お天道様が出ていなければ染仕事は出来ない。だから、染め上がるまで、相当な日数を必要とする。

293310_178431232235480_1111771277_n
2011年9月25日午前7時ころに撮った写真。
日傘用シルクの広幅を一枚6m。
《干し終わりました。
乾いたらまた洗い、干して、ひょっとするとまた洗い、干して仕上げ。
何とか今日中に終わらせたいが、お天気しだいだな。》
そう、私は書いている。

 こんな藍染めを馬鹿正直にしていると、注文主は染め上がりを待てないことが起こる。「いつできるのだ?納期はどうだ」と言ってくる。

 藍染の暖簾を注文した人が、三年経っても染め上がらないので「あの藍染はどうなっているのでしょうか?」と染め師に尋ねたら、「なんだい、急ぎか?じゃあ、出来ないよ」と突っ返されたという逸話を以前書いたけれど、本当は藍染は、そんなものなのだ。そのくらい、時間と手間をかけて染めたいものなのだ。

 その後で、「仕上げ」というものが待っている。

 先日工房に入らした、藍染の本場を自称する地方の藍染の染め師に、天日干しの話をしたらご存じなかった。藍染は陰干しと思い込んでいた。
 「仕上げ」の話をしたら、これも御存じない。藍染めでは肝心要な作業だから、伝統の世界では仕上げは当たり前の作業。しかし、本場と云われる地方には、伝統が伝わっていないから知らない。

 写真を撮ったこの日も、お日様が顔を出す朝一番に洗って干した。
 私に体力と気力があった、八年前のお話し。

Dscf0118
今日(令和元年9月25日)染めているタオルたち。
前列の浅葱は、下染の段階。
四国から頂いた注文の染め。
綿だけれど、当然、下染の段階から天日干し。
中断の青味を、縹色という。

2019年9月22日 (日)

からたちの花

 昭和40年に発行された「北原白秋詩集」の中で、編者の一人である神保光太郎は、<今、四十代、五十代以上の人たちで、白秋の歌につながる思い出を持たない人はすくないであろう。あの「からたちの花」を愛誦したのは、私がまだふるさとに在ったおさない頃であった。>と書いている。神保は明治38年生まれだ。

 昭和25年生まれの私も、白秋の「からたちの花」を愛誦した。今の人達はどうなのだろうか?と、ふと思ったが、自分の子供たちに聞くのが一番だな。

4_20190922130101

 「からたちの花」を聴きたくなって調べてみた。

 森麻季さんという方の歌が出て来たけれど、素晴らしいなあ。

 堪能させていただきました。

2019年9月13日 (金)

彼岸と因縁

 そろそろお彼岸。
 「彼岸とは」と、ある坊さんの説教を聞いたことがあるけれど、どんなことだったかな?
 確か、夜と昼の長さが同じで、お日様が真東から上がって真西に沈むなんてことだったような気がする。
 仏教の教えのようだけれど、日本独特のものだという事でもあったか。
 彼岸(ひがん)とは向こう側。こちら側は此岸(しがん)。 

 彼岸は煩悩の無い涅槃の世界。涅槃とは不生不滅の輪廻を断ち切った悟りの境地。
 此岸は煩悩に塗れた世界。彼岸に行くためには煩悩を捨て去ることが必要だから、そこに修行がある。 

 それにしても、煩悩を捨て去ることの難しさは、この年になって、病に倒れて、少しだけれど人として当たり前程度の修行をして、つくづくとお思い知らされる。
 こんなことでは輪廻転生を断ち切る涅槃の境地には到底行けそうもないから、また生まれ変わってしまうのかもしれない。虫を見ると、「来世はこれかな?」なんて思ったりする。人間に生まれ変わるなんて、誰も保証してくれないのだから。
 
 因縁というのもある。
 
 なんにでも原因があって結果がある。こいつを断ち切るのも悟りの境地。
 煩悩に塗れた私は、良い結果を出そうとするが、仏はそれも断ち切らなければならないと教える。 

 困難な事だけれど、せめて悪しき因縁は断ち切ろうと、昨日決めた。それくらいなら出来るかなと思わないでもないが、悪しき因縁に気が付くのも、難しいことだとも思い知らされた。 

 なにせ、気づくのに二十年掛ったのだから。

2019年9月 9日 (月)

同級生の2 「他山の石」

 この間訪れた同級生のA君は、私のつらい時もよく知ってくれている人。

 私が、父親から負の遺産を押し付けられていて困っていたとき、どういうわけか、あまり親しくなかった同級生のH君が現れて、ひょいと解決してくれたことがあった。

 この間会ったとき、そのH君が亡くなった話をしていて気がついたのだが、このA君が、親しいH君に私の窮地を救ってやってくれと頼んでくれたらしい。話をしていて気が付いた。

 知らなかったか、私が忘れていたのか?。でも、「大川君が困っていたから、助けてやってってH君に言っただけだよ」というところが、このA君なんだな。

 今更ながらに感謝。

 そのA君が「大川君の所が今まで持ったのは、君の営業力があったからだよ」と冷静に語ってくれた。「そういう事もあるだろう」と思ったけれど、だけどだ、そんな私が居なくなった後、工房がどうなるのかな?と思わないでもない。

 「老いては子に従え」という。私の父は、それが出来なかった。または、選ぶ子を間違えた。だから、完全に滅びた。
 「出藍の誉れ」とも「青は藍より出でて藍より青し」ともいう。

 私は父の所業を他山の石として進もうと思うわけだ。

2019年9月 6日 (金)

弟子 素直さ

 今の時代、弟子とは何かといわれれば議論があるだろうけれど、弟子が先生を認め、先生がその人を弟子とすれば弟子だという事にしてのお話し。

 私の歌の先生は、ティーブ釜萢先生かまやつひろしさんの父上
 二世の先生は戦前、歌手として来日。そのまま日本で戦争にも行った。だから日本語よりも英語の方が達者だった。もちろん、日本語が不自由などと云う事はありませんでしたが、本場もんの歌い手です。
 
 最初は私を弟子ともしてくれず、会う度に説教されて、私達は首を垂れるのみで、先生の説教が首の上を飛び回り、終わるのを辛抱強く待っていた位なもの。それは激しい言葉だった。

Img_20190727_0003
右がティーブ釜萢先生。左が私。
青山墓地前にあったレストランで。

 「私達」と書いたけれど、先生には生徒が沢山いた。そんな中で、最後には少し認めてくださったか、たぶん先生最後の飲み友達の様になり、毎晩のように大酒を一緒に飲み、語り合い、弟子となれたような気がします。

 先生の数多い生徒の中で、歌でお金を取れたのは何人かに過ぎません。私とM田とM田とA田とA、思いつくだけでもそのくらいか。それほどに、お金を取るのは難しい世界なのかもしれない。後の人達は、ジャズボーカルが好きで趣味で良いという人達で、まあ、心の底では「いつかジャズボーカリスト」と思っていたにせよです。

Img_20190727_0004_0001_2
私の最初の宣材。
主に米軍用。
私の十代の終わり。
半世紀も前。

 何故私が弟子になれたかと云えば、自分で云うのはおこがましいけれど、教えに素直だったからとは言えると思う。私にとって、先生は絶対の存在だった。そして、米軍キャンプで歌ったりなんだりと、歌を生業にしたという実績があったからかな。
 
 歌に関して、絶対的存在である先生の言葉と歌を、私は漏らさず聞いて、教えを忠実に守り、真似るべきは真似てきた。それが、この世界で、オーディエンスにもミュージシャンたちにも、無名なのに少し認められる存在になれた所以だと思っている(先生は本物だった。日本には当時、ボーカルで本物と云える歌い手は先生だけ。先生との出逢いこそ、私の人生の最大・最良の出来事だった)。

 この「素直」というのが弟子にとって一番大切な事だと、今、先生とか師匠と云われる立場となった私の、歌と藍染の人生を振り返って思うこと。そして真似るとは「學(まねぶ)」ことだという世阿弥の言葉が理解でき、見習う事の大切さもその分けも、語ることが出来るようになった。

 私の生徒を見ても、素直である事の大切さはつくづくと思う。だからいつも「素直が一番」だと語っている。これは、生徒や弟子に限らない。

 四十年以上藍染めをしている先生(大学で教えているから本当に先生)が、私の所に来た。ご自分では伝統の藍染をなさているつもりで四十年過ぎた。染めて来たものは、芸術的な鑑賞するもの。
 どういうわけか、私と同じものを染めることになり、間に入った人が、私とその方の藍染の染色堅牢度を調べた。結果、私の藍染は全ての基準を満たし、この先生の藍染は、色落ちと色移りなどに問題があった。そこで、何故なんだろう?と訳を知りたくて私の所に来た。その先生は「私以外の藍染をなさる人に会うのは初めてです」とおっしゃる。これにはどうも、恐縮をしました。

 「何故なんだろう?」というのは、私も思ったこと。だから、その方の藍建てと藍染の方法をお聞きしたが、どうもはっきりしない。専門家同士の言葉には、経験という裏付けがあるから、言わなくても分かることや共感があるはずなのだけれど、この方の話の内容にそれが感じられないところがある。つまり、本当のことを私に語っていない。だから、私も本当のことが語れない。語ろうとしても、私の言葉がその方の前にできた壁のようなものに跳ね返される。つまり、その方に私の言葉が入って行かない。
 色落ちがして色移りがする理由と、色落ちが無く色移りしない染め液の作り方と染め方なら、私は語れる。しかし、この先生がそれを私に語らせないのだ。

 最後に私はその方に、「先生、素直が一番ですよ」と申し上げた。しかし、この先生は本当のことを最後まで私に語らなかった。だから私も、本当のことを語れなかった。私はこの方に学ぶことはなかった。だからどうでもよいことだけれど、この方にとっては、藍染をより深く掘り下げる機会を逸したと言えると思う。

 素直が一番。
 

2019年9月 1日 (日)

同級生



 家でくすぶっているのもなんだから、足利の同級生のA君がやっているお店でお昼を頂いてきた。私が昔から贔屓にしている、ポークソテーという名の生姜焼き定食。昔から変わらない味で、一人前をぺろりと平らげた。

 ついでに美味しいコーヒー豆を頼んだら、お土産だって。代金を受け取ってくれない。困ったけれど、また行こう(笑)
 病気してから行っていなかったから数年ぶりだが、家内は時々伺っているらしい。

56


 同級生の超有名作詞家のU君が、ネットでA君を取り上げていたのでその旨伝えると、「あれは変わった男だった」と、エピソードを色々聞かせてくれた。なるほど変わっている。U君はU君で、「彼は変わった男だった」と同じことを言う。私は双方とも変わっていると思う。

 話しに花が咲いたが、この年になると友人の死や病気の話になるのは仕方ない。

 同じクラスだった税理士のT君、私が世話になった建築会社のH君は亡くなったという。昨日、偶々話題に出たI君は、施設に入っていて長くはないだろうと。
 こういう話が淡々とできるのも、年齢だな。

 このA君は、見るからに元気そうで、見なくても元気だそうだ。昔から今まで、体を適当に鍛えているからだろう。

 私は、A君の奥さんが作ってくれたポークソテーを、昔と同じように全部食べられたことが、大きな自信になった。良い九月の始まりとなりました。

 地元のミニコミ誌の編集長のNさんが、時折、「大川さんの同級生も、色んな人がいますね」と、私の父の同級生たちと比べて言う。父の同級生には、相田みつをさんや「古典落語」の興津要さんなどがいるからだろう。私の同級生には、例えば、ここで取り上げた作詞家のU君や、ゲームソフトの作者のE君、そして藍染の私などをいうらしいが、前者二人は成功してから随分長い人たちで、私は余命幾許もない晩成型。だけど、ゴッホのような例もあるからな(笑)

« 2019年8月 | トップページ | 2019年10月 »