フォト

紺邑のホームページ

  • 紺邑のホームページ
    職人の手づくりのホームページです。 紺邑について、藍染めについての情報は、こちらをご覧ください。

ネットショップ

  • G.i-Japan
    藍染を始める方。藍染をなさりたい方もお訪ねください。藍に関する資材とノウハウを提供します。 藍染の製品もあります。 その他にも、沢山そろえて行きます。

他のアカウント

« 同級生の2 「他山の石」 | トップページ | からたちの花 »

2019年9月13日 (金)

彼岸と因縁

 そろそろお彼岸。
 「彼岸とは」と、ある坊さんの説教を聞いたことがあるけれど、どんなことだったかな?
 確か、夜と昼の長さが同じで、お日様が真東から上がって真西に沈むなんてことだったような気がする。
 仏教の教えのようだけれど、日本独特のものだという事でもあったか。
 彼岸(ひがん)とは向こう側。こちら側は此岸(しがん)。 

 彼岸は煩悩の無い涅槃の世界。涅槃とは不生不滅の輪廻を断ち切った悟りの境地。
 此岸は煩悩に塗れた世界。彼岸に行くためには煩悩を捨て去ることが必要だから、そこに修行がある。 

 それにしても、煩悩を捨て去ることの難しさは、この年になって、病に倒れて、少しだけれど人として当たり前程度の修行をして、つくづくとお思い知らされる。
 こんなことでは輪廻転生を断ち切る涅槃の境地には到底行けそうもないから、また生まれ変わってしまうのかもしれない。虫を見ると、「来世はこれかな?」なんて思ったりする。人間に生まれ変わるなんて、誰も保証してくれないのだから。
 
 因縁というのもある。
 
 なんにでも原因があって結果がある。こいつを断ち切るのも悟りの境地。
 煩悩に塗れた私は、良い結果を出そうとするが、仏はそれも断ち切らなければならないと教える。 

 困難な事だけれど、せめて悪しき因縁は断ち切ろうと、昨日決めた。それくらいなら出来るかなと思わないでもないが、悪しき因縁に気が付くのも、難しいことだとも思い知らされた。 

 なにせ、気づくのに二十年掛ったのだから。

« 同級生の2 「他山の石」 | トップページ | からたちの花 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。