フォト

紺邑のホームページ

  • 紺邑のホームページ
    職人の手づくりのホームページです。 紺邑について、藍染めについての情報は、こちらをご覧ください。

ネットショップ

  • G.i-Japan
    藍染を始める方。藍染をなさりたい方もお訪ねください。藍に関する資材とノウハウを提供します。 藍染の製品もあります。 その他にも、沢山そろえて行きます。

他のアカウント

« 弟子 素直さ | トップページ | 彼岸と因縁 »

2019年9月 9日 (月)

同級生の2 「他山の石」

 この間訪れた同級生のA君は、私のつらい時もよく知ってくれている人。

 私が、父親から負の遺産を押し付けられていて困っていたとき、どういうわけか、あまり親しくなかった同級生のH君が現れて、ひょいと解決してくれたことがあった。

 この間会ったとき、そのH君が亡くなった話をしていて気がついたのだが、このA君が、親しいH君に私の窮地を救ってやってくれと頼んでくれたらしい。話をしていて気が付いた。

 知らなかったか、私が忘れていたのか?。でも、「大川君が困っていたから、助けてやってってH君に言っただけだよ」というところが、このA君なんだな。

 今更ながらに感謝。

 そのA君が「大川君の所が今まで持ったのは、君の営業力があったからだよ」と冷静に語ってくれた。「そういう事もあるだろう」と思ったけれど、だけどだ、そんな私が居なくなった後、工房がどうなるのかな?と思わないでもない。

 「老いては子に従え」という。私の父は、それが出来なかった。または、選ぶ子を間違えた。だから、完全に滅びた。
 「出藍の誉れ」とも「青は藍より出でて藍より青し」ともいう。

 私は父の所業を他山の石として進もうと思うわけだ。

« 弟子 素直さ | トップページ | 彼岸と因縁 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 弟子 素直さ | トップページ | 彼岸と因縁 »