フォト

紺邑のホームページ

  • 紺邑のホームページ
    職人の手づくりのホームページです。 紺邑について、藍染めについての情報は、こちらをご覧ください。

ネットショップ

  • G.i-Japan
    藍染を始める方。藍染をなさりたい方もお訪ねください。藍に関する資材とノウハウを提供します。 藍染の製品もあります。 その他にも、沢山そろえて行きます。

他のアカウント

« 麻衣(あさごろも) | トップページ

2019年11月29日 (金)

お相撲の事(日馬富士と朝青龍のことから)

 昨日、モンゴルと、それも白鵬の父上と親しいという方が工房にお見えになった。そこで暫しお相撲のことなどを。

 10年ほど前、朝青龍が相撲を辞めさせられました。そして2017年の11月には、日馬富士も辞めさせられた。その時、相撲協会の八角理事長は記者会見で・・・

 《日馬富士は、肉体と精神の力を振り絞って、長年にわたり土俵を務めてくれました。とくに本年の9月場所では、3横綱が次々と休場する中、一人横綱として土俵を守り、優勝を果たしました。その日馬富士が、このような形で土俵を去ることは、日本相撲協会としましても大変な損失であり、非常に残念です。》

 こう述べた。横綱は横綱を知るという事か。

Photo_20191129152001
日馬富士

 一方世評は、モンゴル出身力士たちの集まりを糾弾した。「集まるな!」と。

 今の相撲界の隆盛の基礎を作った春日野親方(元横綱栃錦)は、横綱の孤独を語っています。横綱の地位というものは、横綱でなければわからない事があるという。
 幸い栃錦は、同時代に吉葉山、千代の山、鏡里など、弱くて問題はあったけれど仲間がいたから、彼らと人知れず会って、孤独を癒していたと言います。
 
 《晴れがましくはなやかに見える横綱も、内心はつねに緊張感をもちつづけて孤独なもの、そういう機微がかようのは横綱同士だけなので、話も大いにはずんで、ずいぶんにぎやかな会になったものです》と語っています(昭和36年中央公論社発行「栃錦一代」)。

Photo_20191129103301

 同じように、故郷を離れ、異国で相撲を取っていたモンゴル人たちの孤独もあったに違いない。彼らの集まりを糾弾する人たちは、そこに思いを馳せることもしない。朝青龍は高校生の時に来日し、記者会見でも「水も違う、言葉も違う」と語っていましたが、異国での生活の孤独はいかばかりかと思います。たまたま、私の業界の後輩が横綱の相談相手でしたが、そんな孤独を語っておりました。

 さて朝青龍は、長年一人横綱を張ってきた。栃錦の言葉を当てはめれば、その孤独は想像を絶する。だからこそ彼は、日馬富士に同情を寄せるのだと私は思う。その朝青龍もまた、引退を余儀なくされた。若干29歳の時(それを「神」というのは安易で勝手です)。

Photo_20191129152301
朝青龍と日馬富士(夕刊フジから)

 それにしても現代の日本人は四角四面で粋じゃない。粋な日本人は、広い心をもって相撲を楽しんだ。つまりは、今の人たちは野暮だってことです。

 そもそも彼らは相撲を勘違いしている。元横綱貴乃花は、国技だ相撲道だなんて言ったけれど、相撲はそんなきれいなものじゃない。「土俵に金が落ちている」というのが、相撲取りのモチベーションだったのはつい最近のことだし、谷町なんて云うのがいて、相撲取りは、ある意味でたかり集団でもある。ある意味興行の世界。その善悪を問うたところでしかないこと。そういう世界なんですから。

 双葉山の連勝記録が話題になった。いや、今でもなっている。それを聞いた元横綱太刀山は、「こんなに連勝が話題になるのなら、負けてやらなければよかった」と言った。56連勝の次の取り組みを八百長(それも酒をもらっただけ)で負け、それから43連勝。負けてなければ100連勝だったんです。

Photo_20191129151301
太刀山

 ちなみに太刀山は、横綱になってから3敗しかしていない。たぶん、史上最強の横綱です。それを破った一人、横綱栃木山は栃木県出身。頭が剥げてきて髷が結えなくなって引退(諸説あり)。つまり強いまま引退。引退後の明治神宮での奉納相撲大会で優勝したほどに強かった(昔の相撲は、逸話がいっぱいあって面白い)。

 弱い方で云えば、大砲(おおづつ)という横綱は、「横綱は負けちゃいけない」と言われて、3年6場所で7勝3敗1預25引分だった。25の引き分けでも許されたわけです、引き分けをうまい具合に使ったのも相撲。それはメンツの問題。

Photo_20191129151701
大砲(おおづつ)

 昔の日本人は、相撲はそんなものだと知って粋に許し、相撲を楽しんだ。
 相撲も人間社会も、四角四面の正義を振りかざしてばかりいるつまらないものになりました。

« 麻衣(あさごろも) | トップページ

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 麻衣(あさごろも) | トップページ